開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/06/05

10年後のIT部門、社内外の明確化が進む・ベンダー依存度大きく--ガートナー

ガートナー ジャパンの調査によれば、ITリーダーが予測する10年後のIT部門は「アウトソースとインソースの明確化が進む」との回答が9割近くにのぼるとともに、「ベンダーへの依存度がより大きくなる」との回答が8割以上にのぼった。

photo
図1 ITリーダーが予測する10年後のIT部門
(1,000人以上の従業員を擁する企業のITリーダーが回答、
「分からない」の回答は除く)
(出典:ガートナー (調査:2014年3月)

関連記事
 現在、日本企業のITに関する事業は、コスト削減のために本来自社のリソースで実施できる、あるいは実施すべき内容の作業さえ外部に委託する、という企業も少なくない。そのため、スキルやノウハウが外に出て行ってしまい、IT部門という組織の存在意義が問われている企業も存在する

 ガートナーでは今回の調査の結果に対し、「アウトソースとインソースを明確化する」というのは、アウトソースすべきサービス/機能と、インソースで実行すべきサービス/機能を明確に切り分け、自社で実行すべきものはインソースに戻すという策も含めて、企業がビジネスを遂行する上で最も効率的かつ効果的なソーシング戦略を持ちたいという表れと指摘。

 その一方で、「ベンダーへの依存度がより大きくなる」を選択したITリーダーが多いことは、図1の4番目の「インフラは主にクラウド・ベンダーに委託」という回答にも影響していると考えられ、インフラストラクチャ・テクノロジの知識においては、それらを設計・開発したベンダーが優位にあるのは明らかであり、インフラはベンダーに任せ、企業のビジネスをサポートするアプリケーション開発はできるだけ自社内で実行しようと考えている企業も少なくないとの考えを持っていると指摘した。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

BPO・シェアードサービス ジャンルのトピックス

BPO・シェアードサービス ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!