開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/10/08

トランスコスモス、ベトナムとインドネシアにWeb系のオフショア開発拠点を開設

トランスコスモスは8日、ベトナムのホーチミンとインドネシアのジャカルタに、Webサイトの制作と開発をおこなうオフショア拠点を開設し、サービス提供開始したことを発表した。

 トランスコスモスでは、これまで札幌・福岡・沖縄のニアショア拠点を中心に、制作・開発人材の確保、作業スピード・品質を担保したローコスト運営を行ってきた。今回の発表は、ITリテラシーの高い人材を比較的安価に大量採用できるベトナム・インドネシアにWebサイト制作・開発の拠点を設け、多言語対応したグローバルサイトの構築・運用サービスの提供を強化するというもの。

photo
ニアショア・オフショア拠点を活用したトランスコスモスのWeb制作・開発体制

関連記事
 業務設計、基本デザイン、品質管理などの業務はトランスコスモス本社や国内ニアショア拠点で、CMS運用、プログラミング、クリエイティブの量産、データの流し込み、動作検証などはオフショアで 行うことで、スピード・品質を担保しつつローコストで運用可能になるという。当初サポートする言語は日本語、英語で、その他の言語にも順次対応していく。

 ベトナム ホーチミンの拠点は30人体制でスタートし、トランスコスモスの統合型ECプラットフォーム「transcosmos eCommerce HUB」をベースとしたECサイト制作、スマホアプリ開発などの業務を中心にサービスを提供、2016年には250人体制まで拡大する予定。

 インドネシア ジャカルタでは、グローバル拠点であるトランスコスモス・インドネシアが50人体制でスタートし、グローバルサイトのCMS運用などのサービスを提供。2016年には300人体制まで拡大させるという。

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのセミナー

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのトピックス

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!