開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/11/18

フィリップス、体温管理システム事業を旭化成子会社のZOLL Medical Corporationに売却

旭化成は18日、同社グループ会社のZOLL Medical Corporation(以下、ZOLL社)が、Royal Philips(以下、フィリップス)の体温管理システム事業と事業関連する実質的全資産を買収することを発表した。

photo
旭化成グループ会社のZOLL Medical Corporationが、
フィリップスの「InnerCool」事業を買収

関連記事
 フィリップスでは、体温管理を必要とするさまざまな患者の予後改善を目的とした、カテーテルを用いた血管内体温管理技術や、体表面冷却・加温技術を有した体温管理システム事業(InnerCool事業)を保有している。

 一方の旭化成グループ会社であるZOLL社は、血管内冷却による体温管理システム事業を展開していることから、今回の事業譲渡により、両社の体温管理技術を組み合わせた精度の体温管理システムを提供し、医師の希望や臨床判断に沿った体温管理ケアを提供することが可能としている。

 譲渡後のInnerCool事業は、カリフォルニア州サンノゼに所在地を置くZOLL社の体温管理システム事業に統合される予定。

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!