• 会員限定
  • 2015/08/06 掲載

Facebookに聞く、海外進出でこそソーシャルメディア広告が有効なワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
FacebookやTwitter、LINE、Instagramなど、今やだれしも何かしらのソーシャルメディアを活用し、情報を収集することが一般的になってきた。一方で、企業の側はこうした新しいメディアをうまく使いこなせていない場合が少なくない。特にヒト・モノ・カネに限りのある中堅・中小企業であればなさおらだ。しかし、Facebook Japanの井上 英樹 執行役員は「中堅・中小企業にこそ使ってほしい」と主張する。ただし、ソーシャルメディアにはソーシャルメディアならではの使いこなし術がある。井上執行役員に聞いた。
(聞き手は編集部 松尾慎司)

photo
Facebook 執行役員 井上英樹 氏

有料の広告と無料のFBページを組み合わせてソーシャルならではの効果を

関連記事
──Facebookは今やプラットフォームとなった感もありますが、現在では具体的にどの程度まで広がっているのでしょうか。日本では利用者数の伸びが鈍化しているとの話しもあります。

井上氏:Facebookの日本における月間アクティブ利用者は2300万人、そのうちモバイルからのユーザーが2200万人を占めています。デイリーアクティブ利用者は1600万人で、このうちモバイルからのアクセスは1500万人です。日本人の10人に1人以上が毎日アクセスしてくれているわけです。

 今はまだ過渡期で、これから日本でももっと浸透していくのではないかと考えています。確かに一時期の爆発的な伸びと比べると、浸透が緩やかになっていくのは仕方がないかもしれません。しかし、新聞やテレビなどの媒体が日本中に浸透するまでに何十年かかったでしょうか。利用動向よりも、これだけのユーザーがいるメディアをどう活用するのかを一緒に考えていきたいですね。

──企業にとってFacebookはどのようなメディアとして活用できるのでしょうか。ポテンシャルは感じるけれど、どう使えばいいのかわからないという声も聞かれます。

井上氏:重要なことは、メディアを活用すること自体が企業のゴールではないということです。売りたい商品やサービスがあり、それを必要とするより多くのお客さまに届けるということが大切です。

 私たちはそうした課題を抱える企業の方向けに「Facebook for Business」のサイトを公開しています。「オンラインの売上をアップ」「近隣エリアでの売上をアップ」「アプリを宣伝」、そして「ブランド認知度をアップ」の4つにカテゴライズし、その企業が持つ課題にもっとも則した使い方を選んでいただいています。

──無料で使えるFacebookページと有料の広告とはどのように違うのでしょうか。

井上氏:確かにFacebookページを作るのも、広報情報や製品情報を発信するのもすべて無料でできます。無料で使えるFacebookページを使えば、今いるファンになってくれているユーザーとのコミュニケーションをさらに濃密にできるでしょう。

 しかし、既存のファンだけをターゲットにしていてはビジネスに発展はありません。そこで活躍するのが広告です。たとえば既存のお客さまと同じような特徴を持つ人とつながりを持ちたい、ターゲットを広げるためにまったく違う領域のユーザーにアピールしたいといったニーズに応えることができます。

 簡単に言えば、既存のファンとのコミュニケーションをより濃密にするツールがFacebookページ、新たな顧客を開拓するツールが広告ということになるでしょう。

──セグメントを絞ったターゲティング広告やリスティング広告もあり、それぞれ精度や効果が異なります。Facebook広告の特色を教えていただけますか。

井上氏:Facebookは実名で登録していただき、任意で趣味や好きなページなどをご登録いただくので、趣味趣向まで拾い上げた緻密なセグメンテーションを可能にしているのが最大の強みです。他のデジタル媒体ではおよそ30%程度といわれるターゲティング精度ですが、Facebookでは90%以上の含有率で狙ったユーザーにリーチできます。

 興味のない広告を表示しないように選択できる機能を提供することで、ユーザーの志向をより細かく拾い上げ、情報を届けたい企業と興味を持つユーザーのマッチング精度がより高まる仕組みです。

 Facebookは、ユーザーにできるだけ関心が高い情報や興味がある情報を流すようにしています。望んでいない広告を無理矢理表示させることは、ユーザーにとっても出稿する企業にとっても良い結果にはつながりません。欲しい情報を欲しい人に届けることで、広告を見るユーザーにも広告主にもメリットが生まれます。きちんとレスポンスがあった層に向けて段階的に絞り込みながら、トライ&エラーを続けて、その効果をさらに高めていただくことができます。

【次ページ】なぜFacebook広告で海外売上を30倍にできたのか

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

オンライン

サイトデザインを大事にしつつ、強化できる?自社ECサイトのSEO戦略

今回のセミナーは、『自社ECのSEO』がテーマです。 「大手モールサイトに出品しているが、収益性から自社サイト経由の比率を増やしたい」 「アプリ登録や自社ECへの会員登録を自社サイト経由で増やし、マーケティングを強化したい」 など様々な理由から、『自社ECの集客力を向上させたい』とお悩みの方は多いかと思います。 ただし、自社ECのSEOは適切な戦略を見定めることが非常に重要となります。 「検索回数が多い、ユーザーがよく検索するワードで上位獲得したい」と思っても、 超大手モールサイトが立ちはだかり、簡単には上位獲得できないケースが多いです。 また、「ブランドイメージを壊さない範囲でしか実装ができない」といった制約により、 対策方法が定まらず、前に進めないケースも多いです。 その結果、社名やブランド名でしか検索で流入しないサイトも多く存在します。 自社ECでは、このように ・実際にどのキーワードを対策の中心にするのか ・ブランドイメージを保ちつつ、できる施策はどういったものなのか をきちんと整理したうえで、目標を立て実行に移していくことが通常のSEOよりも重要です。 今回は、サイトをいくつかの切り口でパターンに分けた上で、 それぞれのパターンにて陥りがちな問題や、 それらを解消する有効なSEOの方針を解説します。 また、実際に上記の戦略や制約に沿って実装した施策もいくつかご紹介します。 ご参加いただいた方には、ユーザー目線のサイト作りをサポートする 「ユーザーインテント分析シート」をご用意していますので、ぜひご参加ください。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます