ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2016年03月14日

国内スマホゲーム市場規模、2016年は9450億円 パズドラ・モンスト衰退も成長の理由は

矢野経済研究所は14日、国内のスマートフォン(スマホ)ゲーム市場の調査結果を発表した。調査によれば、2012年リリースの「パズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)」、2013年リリースの「モンスターストライク(以下、モンスト)」の2大タイトルが市場をけん引。2014年度の国内スマホゲーム市場規模は、前年度比159.8%の8,950億円と大きく伸長した。2016年度の国内スマホゲーム市場規模は前年度比102.2%の9,450億円に達すると予測する。

photo

国内スマホゲーム市場規模、2016年は9,450億円に

2016年スマホゲーム市場、パズドラ、モンスト人気は下降へ

 2014年度の国内スマホゲーム市場は、パズドラ、モンストをはじめとするスマホゲームの黎明期から人気となったゲームアプリが幅広いユーザー層に支持されたことで市場が急拡大した。リリースから数年を経過した現在においてもその人気は高い水準を保ち、2015年度も同様の傾向にある。

 しかし、今後はこれまで市場をけん引してきたパズドラ、モンストの2タイトルに関しては徐々に人気が下降していくとし、一方でゲームメーカー各社から有力なコンテンツを搭載したアプリが複数リリースされ、それらが一定の人気を博して市場を下支えすると考え、2016年度の国内スマホゲーム市場規模(メーカー売上金額ベース)は前年度比102.2%の9,450億円に達すると予測する。

 加えて、コナミデジタルエンタテインメントやカプコン、スクウェア・エニックスなどの家庭用ゲーム機向けゲームを主力としていたゲームメーカーが、スマホゲーム開発へとシフトし、自社の有力コンテンツを積極的に展開して人気を博している。2016年には、家庭用ゲームの最大手メーカーである任天堂の参入が予定されている。既存ヒットアプリの人気減少をその他の勢力でカバーできる環境は整ってきているといえる。

 スマホゲームを取り巻く環境は非常に速いスピードで変化しており、今後も新たな手法で人気を集めるゲームが登場する可能性は十分ある。しかし、現在の市場環境では家庭用ゲーム機向け開発と同等の技術力が求められ、さらに開発期間の長期化に伴うコストの増大や人員の確保、開発ライン数の多さなどが必要条件となっている。矢野経済研究所では、これらの要件を満たすことのできる企業は限られており、有力なコンテンツを有するゲームメーカーの市場における寡占化が進むとしている。

VR、ヘッドマウントディスプレイの普及も市場拡大に好材料

 こうした中で、スマホゲームとバーチャルリアリティ(以下、VR)を体感できるヘッドマウントディスプレイ(HMD:HeadMounted Display)との連動なども模索されている。VRコンテンツがすぐにスマホゲーム市場拡大への足掛かりになることはないが、2〜3年後を見据えた各企業の取り組み次第では、スマホゲームへの付加機能のひとつとして十分に活用される可能性があるとした。

 また、海外市場では、東アジアや東南アジア、中近東、南米などの新興国で今後も一層のスマートフォンの普及が見込まれるほか、特にアジア諸国については日本との文化的な親和性が高いため、今後も現地企業との提携や協業を前提としたスマホゲームの開発や市場への投入が進んでいくと予測する。

 スマホゲーム市場が立ち上がって以降、海外市場へ参入するゲームメーカーはこれまで複数社あったが、いずれも現地への継続的なゲームアプリの投入には至っておらず、市場参入と撤退を繰り返す状況にあった。現在では、これらの経験を活かし、より地域ごとの文化に合わせた仕様に変更したゲームアプリを投入する傾向が強まっており、スクウェア・エニックスの中国向け「乖離性ミリオンアーサー」など成功事例と呼べるゲームアプリも誕生している。今後は、有力な現地法人と協業したゲームアプリを含め、様々な日系企業のスマホゲームが海外へ展開されていくと結論づけた。

関連記事

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

一覧へ

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング