開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/12/15

半世紀ぶりの大阪万博決定、「負の遺産」は「夢の島」に変われるのか

約半世紀ぶりとなる国際博覧会(万博)の2025年大阪開催が決まった。会場は長年、大阪市の負の遺産となってきた人工島の夢洲。関西政財界は夢洲への誘致を目指す統合型リゾート(IR)と合わせ、大阪復権の起爆剤にしようと意気込んでいるが、いまだ未完成の埋め立て工事を急がなければならないほか、会場や交通インフラの整備で多額の出費が必要になる。2025年は団塊の世代が後期高齢者となり、地方自治体の予算がさらに厳しさを増す時期だ。近畿大総合社会学部の金井啓子教授(ジャーナリズム論)は「失敗は許されない。巨額投資に落とし穴はないのか、見つめ直す必要がある」と指摘する。

政治ジャーナリスト 高田 泰(たかだ たい)

政治ジャーナリスト 高田 泰(たかだ たい)

1959年、徳島県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。地方新聞社で文化部、地方部、社会部、政経部記者、デスクを歴任したあと、編集委員を務め、吉野川第十堰問題や明石海峡大橋の開通、平成の市町村大合併、年間企画記事、こども新聞、郷土の歴史記事などを担当した。現在は政治ジャーナリストとして活動している。徳島県在住。

photo
長年、大阪市の負の遺産になってきた此花区の人工島夢洲。広大な空き地で立ち枯れした雑草が師走の風に揺られていた
(写真:筆者撮影)

会場予定の夢洲は広大な空き地が広がったまま

関連記事
 橋長940メートルの夢舞大橋を渡り、大阪市此花区の夢洲に入る。夢洲は北側にある舞洲、南の咲洲とともに、大阪湾に浮かぶ人工島3島の1つ。北部に大阪市環境局の施設やメガソーラー、南部にコンテナターミナルが整備されたものの、ほとんどが空き地のまま。立ち枯れた雑草が師走の風を受け、大きく揺らいでいた。

 夢洲は東西2.5キロ、南北1.8キロ、広さが東京ドーム83個分に当たる390ヘクタール。万博会場は島の中央部や南部、カジノを含むIRは北部に整備される計画だが、埋め立て工事が完了しておらず、万博予定地周辺には巨大な水たまりが広がっている。

 夢洲には舞洲を通ってJR桜島駅方面、咲洲にある大阪メトロのコスモスクエア駅に路線バスが運行しているが、出入りする人は埋め立て工事やコンテナターミナルの関係者が大半。広大な空き地の中に運転手向けのコンビニが1店あるだけだ。

 コンビニで買い物していた運転手(51)は「万博が開催され、地下鉄が延伸されれば、人でにぎわうのだろうが、今はこのありさま。地盤沈下が続く大阪経済を象徴しているようだ」と苦笑いした。

開発計画が相次いで挫折し、負の遺産に

 夢洲は舞洲とともに1970年代から埋め立て工事が始まった。ひと足早く1960年代から重化学工業用地として整備に入った咲洲と合わせ、大阪市の未来を切り開く湾岸開発と位置づけられたが、思い通りに事が運ばなかった。

 夢洲では1990年代にニュータウンの建設構想が持ち上がったものの、バブル経済の崩壊で立ち消えになる。負の遺産を解消するために大阪府と大阪市が打ち上げたのが、2008年の五輪誘致だった。再開発を前提に選手村を夢洲に建てる計画だったが、招致は北京の前に惨敗し、広大な土地の利用目的が定まらないまま放置されてきた。

 舞洲も長く利用計画が定まらなかったほか、咲洲はWTCコスモタワー(現大阪府咲洲庁舎)、海事博物館のなにわの海の時空館(閉館)、アジア太平洋トレードセンターなど大阪市がばく大な予算をつぎ込んで巨大なハコモノを建設したが、いずれも赤字のお荷物施設となった。税金無駄遣いの悪しき象徴ともいえる場所が、夢洲など人工島3島だ。

大阪万博開催までのスケジュール
2018年12月にも 国、地元自治体、経済界で新組織を設立
2019年 運営経費の補助などを定める特別措置法を制定
2020年 開催計画をBIEに提出
ドバイ万博に大阪万博パビリオンを出展
2021年5月までに 詳細な開催計画を決定
2025年5月 開幕
(出典:大阪万博誘致委員会)


 こうした失敗の連続から、大阪市の大阪港埋立事業は2017年度末で約1,240億円の企業債残高を抱えている。2015年度から3年間は舞洲や咲洲の土地売却などから単年度収支が22~76億円の黒字になっているものの、その前の2014年度は単年度で約1,040億円の大幅な赤字を計上した。

 こうした負の遺産の過去に終止符を打つために計画されたのが、万博とIRの誘致だ。松井一郎大阪府知事は11月末の記者会見で「府市連携で万博を成功させ、負の遺産解消に努めたい」との考えをあらためて示したが、金井教授は「万博やIRで一気にマイナスをプラスに転じようとする考えは、過去のハコモノ行政と本質的に同じ考え方だ」と警鐘を鳴らす。

【次ページ】財政に忍び寄る巨額支出の重いつけ

地方創生・地域経済 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!