開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/06/18

博報堂、博報堂プロダクツなど、Beacon活用のO2Oサービス「ACTIVATION-AD」提供開始

博報堂と博報堂プロダクツ、博報堂アイ・スタジオは18日、スマートフォンのアプリとBeaconモジュール内蔵の広告物を通信させることで、ユーザーの行動を喚起するソリューション「ACTIVATION-AD(アクティベーション・アド)」を開発、提供開始することを発表した。

 今回発表された「ACTIVATION-AD」は、リアルの広告からスマートフォンのアプリを呼び出し、広告接触と同時にプッシュ通知を送ることでユーザーの行動を促すO2Oソリューション。

photo
デジタル家電メーカーにおける使用イメージ

 広告・販促物にBeaconモジュールを組み込むことで、広告からスマホアプリを呼び出すことができ、距離をもとにしたクーポン配信や来店回数のカウントが可能になる。

関連記事
 また、既存のスマートフォンアプリをBeacon対応にアップデートすることで、プッシュ通知による新たな接触機会を作ることでユーザーの使用頻度が下がった「休眠アプリ」を再資産化、再活性化させる。

 博報堂によれば、Beaconを介して得たユーザーの行動データ(時間、場所、頻度、通知への反応)属性と、アプリを介して得たユーザーの属性を組み合わせることで、よりユーザーの行動や属性に適した情報配信を行うこともできるという。

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!