開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/02/04

スピルバーグ監督の最新SF映画 原作者を直撃、AKIRAやマクロスに影響受けたワケ

スティーブン・スピルバーグ監督の最新SF映画『レディ・プレイヤー1』が4月20日、全国で公開される。それに先立ち、原作者で脚本も担当したアーネスト・クライン氏が来日。クライン氏はビジネス+IT編集部の取材に対し、本作品が生まれた背景や世界観、さらにAKIRAやマクロス、ガンダムなどの日本のアニメに影響を受けた裏話などを語った。同日行われた参加者限定イベントには、ソードアート・オンライン原作者 川原礫氏やワンパンマン作画担当の村田雄介氏らも登壇。数多くのIP(知的財産)に囲まれ、かつてない映像美を誇る同作品の魅力について語った。

編集部 佐藤 友理

編集部 佐藤 友理

画像
クライン氏は80年代の価値と意義を熱心に語った

バーチャル世界の理想郷を舞台にした『レディ・プレイヤー1』

 『レディ・プレイヤー1(Ready Player One)』はアーネスト・クライン氏が書いたSF小説。2011年に米国で出版され、日本では2014年に出版された(邦題は『ゲームウォーズ』)。

あらすじ
 2045年、バーチャル世界の理想郷OASIS(オアシス)だけが若者たちの希望となっていた。そこでは、想像したことすべてが現実になり、誰にでも何にでもなれるからだ。

 ある日、OASISの開発者が亡くなった。彼の遺言によれば、どこかに隠された宝の卵(イースターエッグ)を見つけた者は、OASISの後継者になれるとともに大金が手に入るという。

 主人公は荒廃した街で暮らすウェイド、17歳。OASISでの居場所を守るために立ち上がるが、過酷なレースを支配しようと乗り出す巨大企業との戦いも始まる。謎の美女アルテミスや仲間たちとの出会いの中で、果たしてウェイドは、迫りくる陰謀を前に、仲間とともに世界を守ることはできるのか。




関連記事
 VR ZONE SHINJUKUで開催されたセレブレーションイベントは抽選に当選した150名のみが入場。来場したファンの中にはストリートファイターシリーズの春麗、ザンギエフ、バットマンなど、気合の入ったコスプレイヤーも多く見られた。

 同イベントには原作者であり、脚本も担当したアーネスト・クライン氏、プロデューサーのドナルド・デ・ライン氏、『ソードアート・オンライン』原作者 川原礫氏、劇場版『ソードアート・オンライン』監督 伊藤智彦氏、イラストレーターの開田裕治氏、『ワンパンマン』作画担当の村田雄介氏、YouTuberのMEGWIN氏、アメコミ批評家の杉山すぴ豊氏、VR ZONE SHINJUKU/コヤ所長 小山順一朗氏が登壇し、ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーの司会のもと、意見を交わした。

バーチャルリアリティの三船敏郎が登場

 原作者のクライン氏は「スピルバーグ監督の作品がなければ、今の私の作品はないでしょう。彼の作品は私の人生の中に編み込まれています。自分の作品がスピルバーグ監督によって映画化されるなんて、夢がかないました」と喜びを語った。

photo
左からVR ZONE SHINJUKU/コヤ所長 小山順一朗氏、YouTuber MEGWIN氏、『ワンパンマン』作画担当 村田雄介氏、イラストレーター 開田裕治氏、プロデューサー ドナルド・デ・ライン氏、原作・脚本 アーネスト・クライン氏、『ソードアート・オンライン』原作者 川原礫氏、劇場版『ソードアート・オンライン』監督 伊藤智彦氏、アメコミ批評家の杉山すぴ豊氏

 同じく、スピルバーグ氏もコメントを寄せ、「『レディ・プレイヤー1』を読んで感じたのは、ものすごいフラッシュフォワード(未来を感じる感覚)とフラッシュバック(過去を感じる感覚)でした。クライン氏のイマジネーションを生かすため、1つひとつのステップで彼とコラボレートしました。彼にはビジョンがあります。私はこの作品に携わって、誰よりも先を見たような気がしました」と語った。

画像
デ・ライン氏(左)とクライン氏(右)

 バーチャルワールドOASISのユーザーは、それぞれ分身となるアバターを持っている。アバターは本作の見所の1つで、その姿はユーザーが好みに合わせて設定できる。

 作中には80年代コンテンツを中心に、誰もが知っているキャラクターがアバターとして多く登場する。OASIS内の無重力ダンスクラブでは、ストリートファイターシリーズの春麗、リュウ、さらにロボコップを見つけることができるという。

 さらに、スピルバーグ氏の友人で俳優の故・三船敏郎氏のアバターも作中に登場する。スピルバーグ氏が三船氏と交流があり、三船氏の家族から許可をもらって実現したという。

 また、乗り物も見逃せない。アニメ『カウボーイビバップ』に登場する戦闘機ソードフィッシュ、『AKIRA』に登場する金田のバイク(さらにそこにはキティちゃんのステッカーも)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン、ガンダムも登場する。なお、イベント中、クライン氏が「ビームサーベル」を「ライトセイバー」と言い間違え、吉田氏に訂正される一幕もあった。

【次ページ】クライン氏を直撃!なぜこれほど日本のキャラクターが登場するのか?

お勧め記事

VR/AR ジャンルのトピックス

VR/AR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!