開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/05/10

外国人観光客から「取り残された」神戸、空港民営化でどう変わるのか

神戸空港の運営が4月、神戸市から関西、伊丹の両空港を運営する「関西エアポート」の子会社「関西エアポート神戸」に移った。関西3空港が一体運営の時代を迎えたわけで、関西経済活性化に3空港をどう生かすかが焦点に浮上する中、海上空港として高い潜在能力を持ちながら、発着枠や運航時間の制限を受けている神戸空港の規制緩和にも注目が集まっている。関西学院大経済学部の上村敏之教授(公共経済学)は「規制で民間の手足を縛る必要はない。規制緩和し、関西全体のために活用すべきだ」と提言するが、3空港の地元自治体の思惑には隔たりも存在する。

政治ジャーナリスト 高田 泰(たかだ たい)

政治ジャーナリスト 高田 泰(たかだ たい)

1959年、徳島県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。地方新聞社で文化部、地方部、社会部、政経部記者、デスクを歴任したあと、編集委員を務め、吉野川第十堰問題や明石海峡大橋の開通、平成の市町村大合併、年間企画記事、こども新聞、郷土の歴史記事などを担当した。現在は政治ジャーナリストとして活動している。徳島県在住。

画像
空港島建設費の償還で赤字空港に分類されてきたが、2017年度に利用客が300万人を初めて突破した神戸空港。それでも海上空港としての潜在能力は十分生かし切れていない
(写真:筆者撮影)

年間300万人利用も規制で発着に制限

 神戸市の中心部三宮から神戸新交通のポートライナーで20分足らず、ポートアイランド沖を埋め立てた空港島に神戸空港がある。広さは約270ヘクタール。2,500メートルの滑走路1本とターミナルビルを備え、2006年に開港した。

 スカイマークが拠点空港としているほか、全日空(ANA)などが乗り入れ、東京羽田、千歳、福岡、鹿児島、那覇など国内7路線を運航している。年間の乗降客は2016年度で272万人、2017年度で307万人。兵庫県内の利用者が多いが、空港の駐車場には大阪、岡山、徳島など兵庫県以外のナンバーも並ぶ。

画像
神戸空港の利用状況

 2016年度の乗降客数は全国15位、地方管理空港としてはトップ。約2,200億円の土地造成費のうち、借金で賄った約1,980億円を返済するため、赤字空港とされてきたが、借金返済を除けば経営に大きな問題はない。関西エアポート神戸も2018年度313万人、2022年度327万人の年間旅客目標を掲げ、2022年度までに39億円の投資を計画している。

 だが、24時間運用が可能な海上空港としての潜在能力を十分に発揮しているとはいえない。運航便は国内線だけで、運行時間は午前7時から午後10時までに制限され、1日当たりの発着回数も上限60回と決められている。2005年の関西3空港懇談会で決まった3空港の役割分担で神戸空港に制約がかけられたからだ。

 3空港懇談会は地元経済界と自治体で構成する会議で、関西経済連合会会長と大阪府、兵庫県の両知事、大阪、神戸の両市長がメンバーとなる。役割分担では、関西空港が西日本の国際拠点空港と位置づけられ、関西発着の国際線が集約されることになった。伊丹空港は関西の国内線拠点空港、神戸空港は神戸市と周辺の需要に対応する地方空港とされている。

関西3空港の役割分担(2005年11月関西3空港懇談会合意)
関西空港伊丹空港神戸空港
基本的な役割分担西日本を中心とする国際拠点空港で、関西圏の国内線の基幹空港。国際線が就航する空港については、今後とも関空に限定することが適当。関西圏の国内線の基幹空港。環境と調和した都市型空港とする。神戸市およびその周辺の国内航空需要に対応した地方空港。
運用時間24時間14時間
(7:00~21:00)
15時間
(7:00~22:00)
発着回数の制限なし1日上限370回
(うちジェット枠200)
1日上限60回
(年2万回を上限)
(出典:関西経済連合会資料から筆者作成 )

関西3空港で「役割分担」が生まれた背景

関連記事
 役割分担が生まれた背景には、関西空港建設までの紆余曲折の歴史が関係している。関西空港建設が計画されたのは、関西の国際空港として利用してきた伊丹空港が住宅密集地にあり、騒音問題を抱えていたからだ。

 伊丹空港を廃止して新空港を整備する最有力候補に浮上したのは神戸沖だったが、神戸市の反対もあり、現在の泉州沖で整備された。しかし、整備費の高騰から1兆円を超す負債を抱え、関西空港の財政は火の車に陥る。

 そんな中、廃止されるはずの伊丹空港が存続することになる一方、神戸市は阪神大震災からの復興事業の目玉として神戸空港建設に踏み切った。その結果、神戸空港を中心とした半径25キロ圏内に3空港が共存する格好となる。

 会議は関西空港の経営を圧迫しないことが優先して役割分担が決められた。神戸沖の新空港をいったん拒否しながら、方針を転換して神戸空港整備に踏み切った神戸市に対する大阪側の複雑な感情も影響したとみられる。

【次ページ】大阪や京都は空前の観光客ラッシュも、神戸はそれほど盛り上がらず

運輸業・郵便業 ジャンルのトピックス

運輸業・郵便業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!