• 会員限定
  • 2022/08/25 掲載

「中間管理職」入門。「板挟み」だって攻略、ストレスとうまく付き合う思考法

連載:リーダー必携マネジメント術

記事をお気に入りリストに登録することができます。
中間管理職は、上司の指示を受けつつ部下をマネジメントする難しい立場であるため、過度なストレスを抱えて苦しむ人も少なくありません。どうすればそのストレスから解放されるでしょうか。そもそも、中間管理職に求められる役割とは何でしょうか。全国3000社の組織コンサルティングを行う識学で上席講師を務める山下智史氏が、中間管理職の心得について説きます。

執筆:識学 上席コンサルタント 山下 智史

執筆:識学 上席コンサルタント 山下 智史

早稲田大学法学部を卒業後、新卒で読売新聞東京本社に入社。入社後は販売局に在籍し、販売店の経営者に対してマネジメント業務を行う。同社で12年ほど経験を積んだ後、識学に入社し、講師としてのキャリアをスタート。入社したその月のうちに営業受注最短記録を樹立し、目標達成率1000パーセントをたたき出した凄腕である。現在はマーケティング部とカスタマーリレーション部、営業企画部の部長としても従事する。

画像
中間管理職がストレスから解放されるには?
(Photo/Getty Images)


中間管理職は「キャプテン」ではなく「監督」

 中間管理職の役割は、「上司から求められた成果を出すために、部下1人ひとりに目標を設定し、自分のチームを勝たせること」です。スポーツでたとえるなら、中間管理職は監督です。プレーヤーではありません。まずはこの違いに気づくことが大切です。

 中間管理職がやってしまいがちな間違いは、自分を監督ではなくキャプテンだと捉えてしまうことです。これでは、プレーヤーとして活躍しようとするばかりで、マネジメントに時間を割かず、部下を成長させられません。チームが安定して結果を残し続けることができなくなります。

 それなのに、事業会社の中間管理職だと、チームが目標数字に到達しなかったときでも自分が成果を挙げていたら評価されることが多いでしょう。これは、正しい状態ではありません。中間管理職にとっては、自分の成績よりチームの勝利のほうが重要です。チームが勝てなければ意味がないのです。

 「中間管理職は頭を使い、プレーヤーは肉体を使う」ことが、あるべき組織の姿です。それに、経験豊富な中間管理職であっても、常にプレーヤーとして好成績を収められるわけではないでしょう。すると、部下から「大したことない人だ」と見くびられ、自分の指示がチームに浸透しなくなる可能性があります。

画像
中間管理職がまず心得るべきは、自分はキャプテンではなく監督であるということだ
(Photo/Getty Images)

 ただし、「自分が成績を残さなければチームの目標を達成できない」との判断からプレーヤーとして動くことは問題ありません。たとえば、プロ野球にも野村克也さんや古田敦也さん、谷繁元信さんなどが選手兼任監督として活躍し、時には「代打、俺」として勝利をつかむために打席に立ちました。

 それでも、彼ら選手兼任監督は、自身が打席でホームランを打とうが凡退しようが関係ありません。チームが勝ったかどうかでしか評価されませんでした。それが中間管理職なのです。

 「自分がプレーヤーとして動くべきかどうかの判断」は、中間管理職にとって非常に難しい問題です。目先の利益を優先すると、中間管理職が部下の代わりに仕事をしてしまうことになるでしょう。しかし、これは部下の成長を阻害する原因になりかねません。「どちらを優先したほうがチームは勝ち続けられるか」という視点に立ち、慎重に見極めてください。いずれにせよ、理想は中間管理職がマネジメントに徹することです。


“あるある”なあの悩みはどう解決? 上司に宣言すべきこと

 もし、上司が中間管理職の自分を無視して自分の部下に直接指示を出していたり、逆に部下が上司に仕事のアドバイスを求めにいったりしていると、「私の役目は何なのだろう」と感じてしまいますよね。これは、多くの中間管理職に共通する悩みだと思います。

 まず、上司に対しては「私のマネジメントが機能しなくなるので、仕事に関して部下とコミュニケーションを図るのはやめてもらえますか」と言わねばなりません。ただし、マネジメントの権限だけ欲しいと主張してもそれは認められないでしょうから、上司には「その代わり、自分が責任を持って部下に結果を出させます」とも伝えてください。

 部下をマネジメントする権限を獲得する代わりに、成果を約束するわけです。部下にも「あなたの上司は私なのだから、仕事の相談や報告は○○さんではなく私にするように」とはっきり告げましょう。

 部下が自分の指示に従わないときは、ルールをつくることがポイントです。ルールがあれば、相手の立場や状況に関係なく、「それは間違っている」と指摘しやすくなります。プロ野球選手であっても、打った後に三塁ベースへ走りだしたら、球場にいるすべての人から「ルール違反だ」と叫ばれても文句は言えないでしょう。ルールを明文化して提示しておき、違反者がいれば審判のように淡々と指摘することを繰り返していけば、だんだんと部下は指示に従うようになってきます。

【次ページ】「板挟み状態」ではどう行動すべきか

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます