開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/04/16

「ETLフレームワーク」でグーグルとフェイスブックから学ぶビッグデータ活用の基本

ソーシャルコマースの覇者はだれか?

企業には、勤怠データ、顧客データ、販売データなど、多様なデータが溢れています。また最近ではツイッターや、フェイスブックへの書き込みも増えてきました。一方で、データを集めただけでは収益をあげることはできません。ではどうやって集めてきたデータから収益をあげるのか、その答えの1つが「ETLフレームワーク」と呼ばれるものです。本稿では、このETLフレームワークの基礎と、グーグルとフェイスブックを例にして、両社がいかにデータを価値あるものとしてマネタイズ化(収益化)しているのかについてご紹介しましょう。

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

2005年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券にてITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事したのち、2009年3月にフューチャーブリッジパートナーズ(株)を設立。経営コンサルタントとして、経営の視点から、企業分析、情報システム評価、IR支援等に携わる。アプリックスIPホールディングス(株) 取締役 チーフエコノミスト。共著に『使って学ぶIPv6』(アスキー02年4月初版)、著書に『これならわかるネットワーク』(講談社ブルーバックス、08年5月)、『ネット企業の新技術と戦略がよーくわかる本』(秀和システム、11年9月)。『ビックデータ戦略』(秀和システム、12年3月)、『図解:スマートフォンビジネスモデル』(秀和システム、12年11月)。
ホームページ: http://www.futurebridge.jp

ビッグデータ関連記事一覧

ETLフレームワークの基本

 世の中にはデータが溢れています。たとえば、企業では、出社時刻・退社時刻を記録した勤怠データ、顧客の情報を記録した顧客データ、製品の売上を記録した販売データがあるでしょう。あるいは、Web検索、携帯メール、ツイッター、フェイスブックへの書き込みなど、私たちの身の回りにもデータは存在しています。ただ、これらのデータをただ集めただけでは、単なる文字列の羅列で何の意味もありません。

 では、どうやって、集めたデータから収益を上げるのでしょうか?その答えの一つが、ETLフレームワークです。ETLフレームワークとは、E(Extract:抽出)、T(Transform:変換・加工)、L(Load:積み込み)の3つのプロセスを経ることによって、単なる文字の羅列であるデータから付加価値を生み出す考え方です。

photo
図1 ETLフレームワーク
(筆者作成)

 まずは、このETLフレームワークをみていきましょう。ETLフレークワークは、図1のように、データを集めることから始まります。それがE(Extract:抽出)です。この段階では、それぞれのデータがどんな意味を持つのかはあまり気にしません。とにかく、データを収集します。

 しかしながら、データを単に収集しただけでは何も付加価値はありません。収集したデータを何かしらの切り口に基づいて整理整頓(仕分け)する必要があります。これがT(Transform:変換・加工)です。

 たとえば、集めたデータ中の性別のフィールドに、“紳士”、“男性”、“Male”という3つの同じ意味でも異なる語句の場合、それをまとめて、“男”として変換・加工(正規化)します。これによって、バラバラに取得したデータを同じ土俵で比較することができるようになります。

 最後に、同じ土俵で比較できるようになったデータをデータ倉庫(DWH:データウェアハウス)に保存して、いつでも取り出せて、更新があれば書き換えるようにデータを出し入れします。これが最後のL(Load:積み込み)です。

 このETLフレームワークによって、単に文字の羅列であるデータから付加価値を生み出すサービスへと変えるのです。ETLフレームワークは、データウェアハウスを構築する場合に必須の概念ですが、データウェアハウスに限った話ではありません。

 そこで、データ活用の代表的な企業であるグーグルおよびフェイスブックの2社に焦点をあてて、どのようにデータを価値あるものにしているのかについて、解説していきましょう。

【次ページ】グーグルのデータ活用戦略

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのトピックス

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!