開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/12/11

富士通マーケティング、食品業向け基幹業務パッケージ「GLOVIA smart食品 FoodCORE」

富士通と富士通マーケティング(以下、FJM)は11日、中堅の食品卸売業・食品製造業向けの基幹業務パッケージ「GLOVIA smart 食品 FoodCORE(フードコア)」を販売すると発表した。

 「GLOVIA smart 食品 FoodCORE」は、中堅企業向け統合基幹業務パッケージ「GLOVIA smart」シリーズで、日配・生鮮・加工食品などを扱う食品業に最適化したソリューション。

photo
GLOVIA smart 食品 FoodCOREの概要

関連記事
 食品製造・販売において必要な業務である、生産、販売管理、発注仕入管理、物流管理、経費支払管理、管理損益などを一元化するとともに、原価の概算計上という考え方を新たに取り入れた日々管理損益機能により、製造原価から営業利益まで財管一致した日次の管理損益の把握が可能となる。

 また、各業務のリアルタイム連携による業務・伝票の進捗状況と在庫情報の見える化や、食の安全・安心遵守に向けたトレーサビリティ、鮮度管理機能およびリベート管理機能など、食品業界特有のニーズにも対応した。

 さらに、既存製品である「GLOVIA smart 会計」や得意先・仕入先とのシームレスな連携により、データ精度の向上と業務効率化による決算の早期化を実現できるという。

 価格は、GLOVIA smart 食品 FoodCOREの販売管理が450万円から。同、生産管理が400万円から。富士通およびFJMでは2015年度末で120セットの販売を見込む。

販売管理・原価管理 ジャンルのトピックス

販売管理・原価管理 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!