ようこそゲストさん

  • 2013/03/13 掲載

三菱重工業、ジェット旅客機「MRJ」開発で次世代ものづくりクラウドを採用

高速シンクライアント技術「RVEC(レベック)」を活用

記事をお気に入りリストに登録することができます。
三菱重工業 名古屋航空宇宙システム製作所は、三菱航空機が開発を進めている次世代のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の主要構造部品の製造と最終組立を行う同製作所のおいて、富士通の次世代ものづくり環境「エンジニアリングクラウド」を導入した。
photo
次世代のリージョナルジェット機「MRJ」
 富士通は13日、三菱航空機が開発を進めている次世代のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の主要構造部品の製造と最終組立を行う三菱重工業 名古屋航空宇宙システム製作所に、次世代ものづくり環境「エンジニアリングクラウド」を導入したと発表した。

 MRJは、国産初のジェット旅客機として開発が進められているもので、2013年中に試験機の初飛行を目指している。日本での民間旅客機の量産は、YS-11以来、約半世紀ぶりであり、ジェット旅客機としては初めてとなる。

 今回、富士通の「エンジニアリングクラウド」により、MRJの開発にあたって、国内外の複数の拠点で進められる設計・製造業務間でのシームレスかつセキュアな情報共有が可能となるとともに、専用ワークステーション以外の一般のPCで3次元CADの快適な操作が実現したという。

「航空機の開発では、3次元CADによる設計が本格的に行われ、設計や製造の各部門で幅広く使われています。特に遠隔地などで技術情報を共有するには、レスポンスやセキュリティ面で多くの課題があり、その解決を模索していたところ、(高速シンクライアント技術の)『RVEC』を紹介されました。当初は欧米のツールの利用も考えていましたが、富士通の技術改善に向けた熱心な取り組みから採用を決めました。」(三菱重工業 名古屋航空宇宙システム製作所)

関連記事:
三菱重工業 青木素直元副社長が語る、低収益性から脱するモノづくりイノベーション

 RVEC(レベック:Remote Virtual Environment Computing)は、富士通が独自に開発した高速シンクライアント技術。これにより3次元CADやCAEなどグラフィックスを多用するアプリケーションを仮想デスクトップ化し、ネットワークを介したクライアント端末から利用可能になるという。

 今回、「RVEC」を採用したことにより、大量の設計データやアプリケーションなどをクラウド基盤に集約し、時間や場所、PCなどの端末環境にとらわれずにサービスを利用できるようにした。

photo
新システムの利用イメージ

関連記事
 新システム導入により、大きく3つの効果が得られたという。

 1つめは、設計・製造業務の各拠点から、手軽かつセキュアに利用可能な設計環境の実現。3次元CADを、ネットワークを通してクライアントPCから操作できる環境を実現した。技術者は、専用ワークステーションがなくても、3次元CADの利用ができ、持ち出しの手間や情報漏えいのリスクも軽減した。なお、各拠点からの3次元CADデータの呼び出しレスポンスが、従来の環境と比較し約30%改善した。

 2つめは、複数拠点間でのタイムリーなデザインレビューの実現。3次元CADの画面を複数の拠点からネットワークを通じて共有し操作するコラボレーション環境を実現した。これにより、将来的には、これまで関係者が一堂に会して行っていたデザインレビューを、各自の自席で可能になった。

 3つめは、専用ワークステーションや3次元CADの有効利用、運用管理負荷の軽減。これまで各拠点に設置されていた3次元CADのワークステーションと3次元CADデータなどを集約することにより、これまでCADを使っていなかった部署でも3次元CADの利用が可能になった。さらに運用管理負荷も軽減した。

「今後も“国産”というキーワードをもとに、富士通とともにシステム改善につとめ、より優れた航空機を開発していきたい」(三菱重工業 名古屋航空宇宙システム製作所)

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます