開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/05/15

OracleやSQL Server対応のデータベース仮想化製品「Delphix Server」を発売、丸紅情報

丸紅情報システムズ(以下、エムシス)は15日、米Delphix(デルフィクス)と販売代理店契約を締結し、Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Serverに対応するデータベース仮想化ソリューション「Delphix Server」を発売すると発表した。

 デルフィクスの提供する「Delphix Server」は、仮想的にデータベースを複製・同期・圧縮することでシステム資源と作業プロセスの効率化を実現するデータベース仮想化ソリューション。Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Serverに対応する。

 エムシスによれば、サーバ仮想化などが進む一方で、データベースの分野では、データベース・サーバーがプロセッサ、メインメモリー、ディスクI/O、ネットワークI/Oなどのハードウエア・リソースを大量に消費し、仮想化に必要な処理を行う余裕が無いことから、仮想化に不向きであるとされて効果的な仮想化技術が登場していなかったという。

 Delphix Serverでは、Delphix Server内部に本番データベースの複製を生成し、生成した複製データベースは複製元である本番データベースと同期することで、最新の状態で保持することが可能。

 内部に保持している複製データベースの容量は、Delphixのフィルタリングおよび圧縮技術により、複製元である本番データベースの容量のおよそ4分の1に抑えることができるほか、内部の複製データベースを使用することによって、複製元である本番データベースの特定の時点の状態を仮想データベースとしていくつでも生成することができる。

 エムシスによれば、Delphix Serverにより、本番システムのデータベースのオンデマンドコピーを元の容量の1/100に抑え、さらにデータベースのコピーに要する時間も従来の1/100で生成できるとしている。

 今後エムシスでは、大規模なデータベースシステムを複数保有する大企業を中心に、初年度3億円の売り上げを目指す。

関連記事

仮想化ソフトウェア ジャンルのトピックス

仮想化ソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!