開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/03/07

なぜツイッターが“オワコン”扱いされているのか

連載:世界ハイテク企業ウォッチ

ツイッターは、言わずとしれた140字のマイクロブログ(つぶやき)サービスです。2006年にサービスを開始し、今や月間利用者数は2億4100万人にのぼります。何年も前からIPO(新規株式上場)の噂が絶えませんでしたが、2013年11月にようやく晴れてIPOの運びとなりました。2012年のフェイスブック以来の大型IT企業の上場に株式市場も好感、IPO価格26ドルを大幅に上回る44.9ドルで取引を終えました。しかし、2014年2月6日に発表された最初の四半期決算を境に株価は24%下落、その後も株価は大幅な回復も見られないまま現在にいたります。投資家は、ほんの数年前に“~なう”ブームを引き起こしたツイッターが、早くも“オワコン(終わったコンテンツ)”になってしまうとみているのです。

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

2005年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券にてITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事したのち、2009年3月にフューチャーブリッジパートナーズ(株)を設立。経営コンサルタントとして、経営の視点から、企業分析、情報システム評価、IR支援等に携わる。アプリックスIPホールディングス(株) 取締役 チーフエコノミスト。共著に『使って学ぶIPv6』(アスキー02年4月初版)、著書に『これならわかるネットワーク』(講談社ブルーバックス、08年5月)、『ネット企業の新技術と戦略がよーくわかる本』(秀和システム、11年9月)。『ビックデータ戦略』(秀和システム、12年3月)、『図解:スマートフォンビジネスモデル』(秀和システム、12年11月)。
ホームページ: http://www.futurebridge.jp

月間アクティブユーザーの伸び率鈍化で株価が大幅下落の背景

 2月の決算発表によって、ツイッターの株価が大幅に下落しました(図1)。その最大の要因は、月間アクティブユーザー(MAU: Monthly Active User)の伸びの鈍化です。

画像
図1 ツイッターの株価(単位:ドル)

連載一覧
 月間アクティブユーザーとは、その名の通り、月内にツイッターで何かしらのアクティビティがあったユーザーのこと。昨今では、ツイッターのみならずフェイスブックなどのSNS企業において、登録者数以上に業績を読み解く標準的な指標の一つとなっています。

 では、そもそもツイッターは何で儲けているのでしょうか?まず、同社のビジネスモデルを見てみましょう。ツイッターのビジネスは大きく、(1)データライセンス、ならびに、(2)広告の2つに分けられます。

(1)データライセンスビジネス
 ツイッターでは、世界で1日に5億ものツイートが行われています。そのツイートをいわゆるビッグデータ解析することで、商品や政治・経済動向の分析、あるいはある地域で起きていることを分析することが可能になります。ツイッターでは、こうした自社に蓄積されるデータを、日本ではNTTデータ、ホットリンクなどにライセンスとして販売することで収益を得ています。

 ただし、先日発表された2013年12月期第4四半期でのデータライセンスその他売上は、2,400万ドル(1ドル102円換算で24.4億円)と全体の売上高(2.43億ドル)の9.4%に過ぎません。

(2)広告ビジネス
 残りの90%以上を占める売上が広告収入です。

 ツイッターの広告商品は、プロモ商品と呼ばれています。具体的には、1.プロモーションしたいアカウントを設定するプロモアカウント、2.ユーザーのタイムラインに広告のツイートを表示するプロモツイート、そして、3.トレンドリストにトレンドを表示するトレンドツイートで構成されています。

 いずれのプロモ商品にも共通するのは、“ターゲッティング”です。たとえば、パソコンメーカーがプロモーションする場合、テレビCMのように一斉に放映するよりは、パソコンの買換・購入に興味があるユーザーに絞って広告を表示したほうが効果は期待できます。そして、ツイッターでは、興味・性別、地域、デバイス、既存フォロワーとの類似性などの属性をもとにパソコンに興味あるユーザーを絞り込んで広告を表示することができます。

 この広告のビジネスモデルの大前提は、多くのユーザーがツイッターを利用していること、すなわち、月間アクティブユーザーの数がものを言います。だからこそ、先の決算での月間アクティブユーザーの鈍化は同社にとって致命的とも言える状況だったのです。

【次ページ】ツイッターを根本的に低迷させる要因

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!