開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/02/28

3つのイノベーションで“復活”するフェイスブック、その収益力は本物か?

【連載】世界ハイテク企業ウォッチ

フェイスブックの株価が回復基調にあります。同社は、2012年5月に世界中の注目を浴びながら上場するものの、その後株価は急落。2012年8月には上場高値の半値以下である15.5ドルまで下落しましたが、現在は30ドル近くまで戻しています。今回はフェイスブックがなぜ回復しているのか、そのビジネスモデルと合わせて復活の理由を紹介します。

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

2005年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券にてITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事したのち、2009年3月にフューチャーブリッジパートナーズ(株)を設立。経営コンサルタントとして、経営の視点から、企業分析、情報システム評価、IR支援等に携わる。アプリックスIPホールディングス(株) 取締役 チーフエコノミスト。共著に『使って学ぶIPv6』(アスキー02年4月初版)、著書に『これならわかるネットワーク』(講談社ブルーバックス、08年5月)、『ネット企業の新技術と戦略がよーくわかる本』(秀和システム、11年9月)。『ビックデータ戦略』(秀和システム、12年3月)、『図解:スマートフォンビジネスモデル』(秀和システム、12年11月)。
ホームページ: http://www.futurebridge.jp

連載一覧

photo
(単位:USドル)

図1 Facebookの上場来株価。一時は上場時の半額まで落ち込んだが、ここに来て持ち直してきた。
(出典:Yahoo! Finance)

 フェイスブックの株価は、2012年8月には上場高値の半値以下である15.5ドルまで下落しました(図1)。この下落の最大の理由は、同社が「モバイルに対するビジネスモデルが確立していない」という投資家などからの指摘によるものだと言われています。

 実際、2012年5月にフェイスブックが提出した上場申請S-1書類のビジネス上のリスクとして、次のような言及から見て取ることができます。

Growth in use of Facebook through our mobile products, where our ability to monetize is unproven, as a substitute for use on personal computers may negatively affect our revenue and financial results.

(参考訳)
モバイル製品を利用したフェイスブックの利用は増え続けているものの、そのマネタイズ手法は実証されておらず、モバイル利用がPCを代替すると、収益、財務状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

 すなわち、スマートフォンによるモバイル化が加速するなかで、何も収益化の手立てがなされていないフェイスブックに将来性を期待できない、ゆえに、株価が下落する、というわけです。

カスタムオーディエンスでマネタイズを実現

 それからおよそ半年、結論から言えば、フェイスブックはPCならびにモバイルのマネタイズが確実に進展しています。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!