開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/07/29

大江戸温泉物語、西日本地区のコールセンター集約でNECの「UNIVERGE」導入

大江戸温泉物語は29日、同社が運営する全国の温泉旅館、ホテルなど29施設のうち、西日本地区の9施設への受付業務を集約するコールセンターを設立したことを発表した。

photo
西日本コールセンターの様子
 大江戸温泉物語は、2003年に東京都台場で日本初の温泉テーマパークを開業したほか、2007年からは全国の温泉地で旅館・ホテル・温浴施設を展開している。

 今回導入したシステムは、NECの提供する音声通信ソリューションの「UNIVERGE SV9300」と「UNIVERGE Business ConneCT」で大きく構成される。西日本の9施設のコールセンターを集約し、これまで施設ごとに個別に対応していた顧客からの問い合わせや宿泊予約の運用状況を可視化した。

関連記事
 また、どの施設への問い合わせかを着信時にシステムで自動判定し、その施設や周辺情報に詳しいオペレータに優先的に接続する仕組みを取ることで、周辺の知識を要する問い合わせへの対応できるという。

 さらに、これまで感覚的に把握していた広告発信に応じたユーザーの反響が、広告出稿後のコール数や問い合わせ内容の分析が可能になった。今後同社では、これらの広告効果のデータを検証することで、マーケティング活動へ利用していくという。

 大江戸温泉物語によれば、当初44席でスタートした西日本のコールセンターは、運用状況を考慮して6月からは76席まで拡張した。今後は、東日本のコールセンター設置も検討していく。

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのセミナー

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのトピックス

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!