開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2014/10/24

ホンダ、運転支援技術「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を発表 年内に搭載

ホンダは24日、新たな安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を発表した。年内発売を予定している新型「LEGEND(レジェンド)」から適用し、今後順次拡大していく考え。

 Honda SENSINGは、フロントグリル内に設置したミリ波レーダーと、フロントウインドウ内上部に設置した単眼カメラという、特性の異なる2種類のセンサーで構成されたシステム。

 ミリ波レーダーは、さらに性能を向上させ、対象物体の位置や速度だけでなく、検知が難しいとされてきた電波の反射率が低い歩行者まで検知対象を拡大した。また、単眼カメラは車両前方約60mまでの歩行者や対象物体の属性や大きさなどを識別、より精度の高い認識を可能とした。

photo
Honda SENSING システム概要

 これらのセンシングデバイスの大幅な精度向上により、これまでの運転支援システムに世界初の「歩行者事故低減ステアリング」、「衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)」、「路外逸脱抑制機能」、「LKAS(車線維持支援システム)」、「渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール」、「標識認識機能」、「誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能」など、6つの機能を新たに追加した。

 多機能化に合わせてデータの処理能力を向上させ、周囲の状況に加えて、ドライバーの意思と車両の状態を認識し、ブレーキやステアリングなどの車両各部を協調制御。車速・車間制御と車線維持支援制御の双方において、通常走行時から緊急時のリスク回避までの運転を支援するという。

関連記事

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!