開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/12/04

ビットアイル、AWSやニフティクラウドとも接続可能な「ビットアイル コネクト」提供へ

ビットアイルは4日、ユーザーのデータセンターを1つのプライベートネットワークで接続ソリューション「ビットアイル コネクト」を24日より提供開始すると発表した。

 「ビットアイル コネクト」は、複数のクラウドサービス、ユーザー拠点、データセンターを1つのプライベートネットワークで接続し、ユーザー専用環境とその他クラウド環境などを接続するソリューション。ビットアイルのデータセンター内のシステムとビットアイルクラウドのハイブリッド環境だけでなく、他社クラウドサービスとも接続可能。

photo
「ビットアイル コネクト」イメージ

関連記事
 ユーザーには個別の専用バーチャルL3スイッチを提供し、L3スイッチを通じて、ビットアイルのデータセンターのほか、ユーザー拠点で稼働するシステムや他社パブリッククラウド上のシステムと接続できる。ユーザーが自身で各パブリッククラウドとの専用線接続を用意するのに比べ、5分の1から10分の1のコストで利用できるという。

 ビットアイルのデータセンターは、アマゾンウェブサービス(AWS)、ニフティクラウドなどの他社パブリッククラウドと専用線で直接接続されており、ユーザーは個別に専用線を用意する必要なく接続できる。2015年1月下旬には、IBMのSoftLayer、マイクロソフトのMicrosoft Azureといったパブリッククラウドと接続するオプションも拡充する予定だ。

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのセミナー

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!