• 会員限定
  • 2015/03/03 掲載

基幹システムが足かせ、再生の方法は?日本のCIOが注目すべき3つの方向性を解説

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
デロイト トーマツ コンサルティングは、CIO(最高情報責任者)やIT関連の意思決定者が把握しなければならないイノベーションと最新のテクノロジーについてまとめた「Tech Trends 2015(日本版)」を、報道関係者向けに発表した(一般公開は3月中頃)。グローバル版の調査を担当した米デロイトコンサルティングのマーク・ホワイトCTOは、今後「CIOには最高インテグレーション(統合)責任者としての役割が増す」と指摘。日本版の取りまとめを行うデロイト トーマツ コンサルティング の安井 望 執行役員は、日本企業ではビジネスに貢献できるITの構築において「基幹系システムが足かせとなっている」として、早急な対応を求めた。

CIOが注目すべき8つのトレンド

photo
米デロイトコンサルティング プリンシパル/グローバルコンサルティング、CTOのマーク・ホワイト氏
 冒頭、米国で発表されたTech Trends 2015を担当した米デロイトコンサルティング プリンシパル/グローバルコンサルティング、CTOのマーク・ホワイト氏が本調査の意義を解説した。

 ホワイト氏によれば、この調査では大きく3つのルールを設定してトレンドをピックアップしているという。1つめは、ビジネス主導型であるということ、2つめは意図的に時間軸を1年半から2年程度にするということ(つまり実現に2年以上かかるものは対象とならない)。3つめは、少なくとも3つの企業での取り組み事例があること。

 このルールに基づいて提示されたのが、以下の8つのトレンドだ。

  1. チーフ“インテグレーション”オフィサーとしてのCIO
  2. APIエコノミー
  3. アンビエントコンピューティング(Ambient Computing)
  4. ディメンショナルマーケティング(Dimensional Marketing)
  5. すべてがソフトウェア定義(Software-defined)に
  6. コアルネッサンス(Core renaissance)
  7. 知能増幅(Amplified intelligence)
  8. 未来のITワーカー

チーフ“インテグレーション”オフィサーとしてのCIO

 これら8つのうち、3つが特に注目のトピックだという。その1つめが、チーフ“インテグレーション”オフィサーとしてのCIOだ。ホワイト氏は、「CIOに追加的な役割が爆発的に増えている」と指摘する。たとえば、CDO(Chief Digital Officer)としての役割、あるいはCDO(Chief Data Officer)やCIO(Chief Innovation Officer)、CCO(Chief Customer Officer)としての役割だ。

画像
CIOの役割は拡大の一途をたどっている。CIOはデジタル対応を自身で担うか、すべてのポジションを統合する接着剤的な役割を演じる必要があるという
(出典:Tech Trends 2015 日本版)


関連記事
 こうした役割が新たに登場したのはなぜか。CIOがニーズが答えられなかったのか、あるいはデジタルビジネスの進展が早すぎたせいなのか。ホワイト氏は「状況によって変わるが、どちらかというと後者のほうが強い」と指摘する。それでも、CIOの重要性は変わらないともいう。

「CIOは、ほかの人たちを成功に導くための重要な役割を担うことになる。なぜならCIOは最終的な“データ”を握っている立場だからだ。これからのCIOには、コンセンサス、セキュリティ、チームワークといったスキルが求められる」

 CIOには、チーフインテグレーション(統合)オフィサーとしての役割が増すというのが、ホワイト氏の考えだ。

Software-definedでコスト削減につなげる

 2つめは、テクノロジーに関するところで、すべてがSoftware-defined(ソフトウェア定義)になるということ。なぜSoftware-definedが必要なのか。ホワイト氏は「コストを下げていくため、複雑性を取り入れて、ビジネスの要求に応えていくため」と説明する。

 実際、同社の試算によれば、Software-definedによって、システム全体で31%もの削減につながるという。調査では、「クラウドを使っていくことで、インフラの効率化以上に、ビジネスの対応力が上がることが調査に参加した人々のもっとも大きな関心を集めた」。

画像
Software-definedによるコスト削減効果の試算
(出典:Tech Trends 2015 日本版)


 クラウドは現在、エントリーポイントになっており、特にパブリッククラウドが主流になっているという。

IoTを進化させたアンビエントコンピューティング

 アンビエントを直訳すると、包囲した、取り巻くの意味。具体的にはIoTをさらに進めるイメージで、身の回りにあるセンサーやネットにつながった機器と、データ分析手法を組み合わせることで新たな知見を得る考え方のこと。

画像
アンビエントコンピューティングは、IoTに加えて、ビジネスプロセスやビジネスにさらに有益な洞察を得られるようにコアをさらに組み合わせて協働させる
(出典:Tech Trends 2015 日本版)


 AI(人工知能)や、トレンドの7つめ「知能増幅」にも関連しているテーマで、事例としてはいくつかあるという。

 ある海外のヘルスケアプロバイダでは、コールセンター3000人が電話対応し、各人が20分の通話を実施していたという。ここにIBM Watsonを導入し、短時間で質問に答えられる仕組みを用意した。

 しかし、人をすべて置き換えることはできなかった。これは技術の制約があったわけではない。利用者が、医師、あるいはナースと直接、相談したかったからなのだという。「AIが人間にとって代わることができるか?というとノーだった」。

 そのため、2年という期間区切りでみれば、AIはルーチンの部分に使われていくもので、人間が例外に対応するための「増幅された知能(Amplified intelligence)」であるという。

【次ページ】日本企業が進むべき3つの方向性

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます