開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/03/15

三重県×トリップアドバイザー、外国人おもてなしプロジェクトでインバウンドを加速

すずき英敬知事のおすすめ三重県ビジネスカタログ(55)

三重県で開催される伊勢志摩サミットにむけて機運が高まる中、三重県は国内外に魅力を発信するためのさまざまな活動を行っている。サミットの効果を一過性のものとせず、インバウンド需要をさらに喚起させるため、世界最大の口コミサイト「トリップアドバイザー」とのコラボ企画を展開していく。また、三重県庁には人型ロボット「pepper」が臨時職員として入庁。三重県名張市出身の歌手、平井 堅さんがテーマソングを作ることが決定するなど、盛り上がりを見せている。

三重県知事 鈴木英敬

三重県知事 鈴木英敬

1974年生まれ。東京大学経済学部卒。通商産業省(経済産業省)入省後は中小企業支援、IT戦略、特区や農商工連携といった地域活性化などを担当。2011年4月、三重県知事に就任し36歳の全国最年少知事となる。特技は結婚式の司会(これまで披露宴の司会は25回)。尊敬する人物は坂本龍馬。妻は元シンクロ五輪メダリストの武田美保。
三重県庁公式ホームページ:http://www.pref.mie.lg.jp/
鈴木英敬オフィシャルウェブサイト:http://eikei.jp/

photo
伊勢志摩サミット公認サポーターの平井 堅さん

三重県庁の臨時職員に「Pepper」が入庁しました

関連記事
 三重県知事の鈴木英敬です。前回の記事で紹介しました「伊勢志摩サミットおもてなし大作戦キックオフイベント」を三重県志摩市で開催しました。

 当日は、協賛・応援いただいた企業・団体の皆さんや、自治会の皆さんをはじめ、県下各地から約1000名の方にお越しいただきました。志摩市以外でも、県内外の各地で同じイベントを行っていましたので、多くの方々にご参画いただきました。

 首都圏では日本記者クラブにおきまして三重県名張市出身の歌手 平井 堅さんに、「伊勢志摩サミット公認サポーター」になっていただく任命式を行いました。残り100日をきったサミットへの機運を更に盛り上げる役割をお願いいたします。平井さんには、サミット応援ソングも作っていただく予定です。

 さらに、国際空港から名古屋駅の玄関口であるJR東京駅、品川駅におきまして、三重県を印象づけ、興味を持っていただけるように、三重県PR動画を制作し、これを放映します。「伝統と革新が共存する場所、三重」をテーマに、私自身が出演し伊勢志摩サミット開催地である三重県の魅力を語りかける内容となっています。こちらは京成電鉄スカイライナー車内でも放映予定です。訪日外国人向けに英字テロップ挿入し、放映時間は30秒。是非、ご覧いただければと思います。

photo
人型ロボット「Pepper」が三重県に入庁

 また、ソフトバンク様のご協賛で人型ロボット「Pepper」が三重県PRのため、臨時職員として入庁してくれました。本当に心強い味方です。Pepperはサミット開催時の国内外メディアが集まる国際メディアセンターに設置予定の「三重県情報館(仮称)」で案内役をつとめてくれます。

 名古屋駅では新幹線口にカウントダウンボードも設置して頂きました。このほか、名古屋セントレア空港や関西国際空港でもPR動画を放映し、効果的なPRを行います。これから、一日一日、ひとつひとつが、世界へのメッセージになりますので、しっかり頑張ってまいりますので、ご注目をいただければと思います。

三重県×トリップアドバイザーのタッグでインバウンドを加速

photo
三重県×トリップアドバイザーの外国人おもてなしプロジェクト

 三重県では、昨年6月から世界最大の旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」と連携し、外国人旅行者に対する認知度及び満足度向上を目的とした「三重県×トリップアドバイザー 外国人おもてなしプロジェクト」を実施中です。

 これは都道府県としては初の取り組みであり、ポストサミットに向けて世界へ三重県の魅力を伝えるチャンスだと考えています。

 トリップアドバイザーのウリは何といっても口コミの件数と満足度による評価。日本では認知度が低いかもしれませんが、すでに海外ではトリップアドバイザーからエクセレンス認証(Certificate of Excellence)を受けた店舗や宿の信用は高く、リピート率も高いです。

 これは評価期間中に一定数以上の口コミ投稿があり、5段階評価で平均4以上の評価を獲得した施設に与えられるもので、海外からの観光客の間では店頭に認証のプロモーションステッカーが貼ってあることがステータスになっています。

 また、欧米の旅行客のうち、約9割がFIT(個人手配の旅行客)だといわれています。団体旅行で来られた方も次はFITでというケースが多く、団体旅行が多いと言われる中国などアジア圏でも今後の増加が見込まれます。

 FITにとって、ネットでの情報は旅行のツールとして欠かせません。日本を訪れるFITの多くは「指名買い」で、ここのレストランで食事をしたい、この施設で体験をしたいといった要望なのだといいます。

 そういう意味ではトリップアドバイザーでの口コミの訴求効果は計り知れません。同サイトでは日本語による口コミも28の言語に翻訳されることから、地元の声を反映することができます。

 そこで、三重県ではさらにトリップアドバイザーの口コミ件数を上げていくため、県民の皆様に協力をいただくことにしました。以下のような具体策を行っていきます。

1. 「三重県の口コミ旅大使」からの投稿及び特設ページ開設による県民への口コミ投稿促進
2. 事業者店舗掲示用「レビューアス」(REVIEW US)カードの制作及びデータ配信
3. 県内施設等を訪れた旅行者向けに、トリップアドバイザーへの口コミ投稿を促すカード第2弾を制作し、各施設において配布
4. 記者会見用バックボードに「三重県の魅力を口コミしよう!」(英語版は「REVIEW US」)カードを掲示し県民への口コミ投稿促進

 県内の店舗や施設に対して、これらのツールを活用いただき、サミット開催中はもとより、開催後のリピートにつなげていただくべく、PR活動を順次おこなっていきます。

 すでに口コミ旅大使として、ペンギンでおなじみの志摩マリンランドさんや豪快な投げキッスが得意なセイウチがいる二見シーパラダイスさんなどに「三重県の魅力、地元から世界に自慢しよう!」をキャッチフレーズに活動をいただいています。

 おかげさまで、トリップアドバイザーにおける都道府県ランキングで三重県は44位(平成26年度)から20位(本年2月現在)まで上げることができました。トップテン入りを目指し、県民の皆様とともに頑張っていきたいと思います。

【次ページ】高校生が英語で三重県の魅力を世界に発信

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!