• 会員限定
  • 2017/09/12 掲載

GEヘルスケアの世界最先端工場、どこまで医療経営を効率化できるのか

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
地域における病院機能の分化が進み、少子高齢化と労働不足が叫ばれるなかで、医療機関は効率的な経営や運営を迫られている。情報システムが導入され、データも蓄積されているが、十分にデータを活用しきれていない実情もある。こうした中、医療機器世界大手のGEヘルスケア・ジャパンは新たに医療データ分析サービス「Applied Intelligence」を発表。これに合わせて同社の「Brilliant Factory」に選出された日野工場での取り組みを取材した。
photo
GEヘルスケア・ジャパン日野工場。450に上るGE工場のうち、Brilliant Factoryを牽引する7つのショーケースに選出された

自社工場の知見を医療分野でも展開

 少子高齢化が急速に進む日本は、医療における課題先進国といえるだろう。GEヘルスケア・ジャパンは、超高齢化社会に向けて、複数の病気を抱えても幸せな人生が送れる「ケアエリア×ケアエリア」、医療機器単体だけでなく、サービスも含めて稼働率を向上させる「製品+サービス」、より複合的な取り組みを実現する「デジタル×IT連携」という3つの柱を掲げている。

photo
GEが目指す医療課題解決への3つのイノベーション

 同社の医療戦略について、代表取締役社長 兼 CEOの多田荘一郎氏は「超高齢化社会の医療課題を解決するには、医療資源の有効利用やデータ活用で医療の質やコストを改善する必要がある。その解決策として、ヒト・モノ・情報を連携させ、得られた示唆を改善アクションにつなげたい」と語る。

photo
GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長 兼 CEO 多田 荘一郎氏

関連記事
 また同社は、医療従事者の過酷な労働環境を改善することで、経営や雇用の安定を図る一連の好循環を回したい意向だ。

 一方で、最近では医療分野のIT化が進み、人や機器などから莫大なデータが集められる状況になってきた。多田氏は「データの利活用はまだ十分とはいえず、業務支援への活用や情報連携基盤が脆弱という課題も存在する。我々はデジタルとIT連携ソリューションによって、そのような課題を解決したい」と説明する。

 実際に「病院経営者がICTに何を期待しているのか?」という同社の調査でも「情報連携・共有により、診療の継続性と質を保ちながら効率化したい」といった要望や、「機器の稼働率を向上させるために、可視化データに基づくマネジメントを行いたい」「ガバナンスを高めたい」といったニーズが多い。

 そのためには、AIによる診断支援や、院内の情報統合化、テクノロジーによる仕事の自動化も求められる。同社では「Predix」という産業機器向けIoTプラットフォームを提供し、収集データを共有・分析することで、医療運営を支援している。

 多田氏は「我々は、Predixを活用しながら、自社工場の“Brilliant Factory”で実験を行い、得られた知見を役立てている。さらに、これらのノウハウを“Brilliant Hospital”として医療分野に提供し、病院やお客さまの夢に寄り添いながら、最終的に日本の医療の質を高めるお手伝いをしたい」と強調した。

ショーケースに選出された日野工場の改善の取り組みとは

 続いて同社 製造本部長 兼 工場長の藤本 康三郎氏が、日野工場の取り組みについて紹介した。

photo
GEヘルスケア・ジャパン 製造本部長 工場長 藤本 康三郎氏

 1982年に創業され、30年以上の歴史がある日野工場は、CTやMRI、超音波プローブといった製品を製造している。同工場は世界各国にある450の工場のうち、Brilliant Factoryを牽引する7つのショーケースに選出されたリーダー的存在だ。

 Brilliant Factoryには「リーン」「先進の製造技術」「3Dプリンタ」「デジタル」の4つの要素がある。まずトヨタに代表される「リーン生産方式」で生産性を高め、先進製造技術である「アドバンスト・マニュファクチャリング」を導入したり、3Dプリンタなどの新技術の開発も推進中だ。

「2025年までに450の工場をBrilliant Factoryにしていく。どうデータを取るのか、IoT化の進捗を測るデジタルマチュリティと、リーン改善を測定するリーンマチュリティという2軸で既存の工場を5点満点で評価、4点以上であればBrilliant Factoryとして認定される」(藤本氏)。

photo
Brilliant Factoryの評価は、デジタルマチュリティとリーンマチュリティの2軸でスコアリングされる

 日野工場は、もともとリーンのカルチャーが染みついており、Brilliant Factoryをスタートする前から4点以上のスコアがあった。今後も改善を続け、5点満点を目指していくという。

【次ページ】得られたデータを分析し、現場の改善に生かす

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます