開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/07/30

ファイザー、医薬品卸の販売・納入実績を把握する「実消化システム」をクラウドで実現

医薬品大手のファイザーは、製薬会社における卸経由の製品販売実績がわかる「実消化システム」を、クラウドとシステムインテグレーションのハイブリッド型で構築した。クラウドサービスのハイブリッドにより、8か月という短期間で全体システムを構築した。NECが手がけた。

 「実消化」とは、製薬会社における卸経由の製品販売実績のこと。従来、製薬会社では、医薬品卸より業界VAN経由入手した販売実績データを、自社で活用できる形に変換処理する仕組みを各社ごとに構築・運用していた。

 卸から医療機関・調剤薬局に納入された実績を意味する実消化データは、販売実績管理、分析・戦略策定などのマーケティング業務や人事業績評価など、製薬会社における重要な指標の基礎データとなり、各種業務システムで活用されている。

 今回、NECは、製薬会社が医薬品卸の販売・納入実績を把握するためのデータ変換処理である「実消化システム」のクラウドサービス化を実現。同サービスは、これまでNECが製薬業界に多数導入実績のある、実消化テンプレートをベースにしたもの。業界適応性の高いサービスをSaaS型で提供している。

 本サービスでは、標準機能内から必要な機能を選択でき、また処理量に応じた柔軟な課金体系により、ユーザーの規模に応じた利用が可能になっている。業界VANのフォーマット変更など業界特有のシステム変更にも対応している。

 クラウドサービスの運用基盤としては、NECの共通IT基盤サービス「RIACUBE」を採用。ファイザーは、NECがインフラサービスで内部統制保証報告書を受領しているといった信頼性向上に向けた取り組みを行っていることを評価したという。

 またサービス基盤上での処理時間を飛躍的に向上させるため、処理エンジンにはNECのソフトウェア「InfoFrame DataBooster」を採用。400万件のクレンジング処理に要する時間は約20分と、増大するデータ量に対応し、確実で高品質かつ超高速な実消化データ変換と高速処理を実現したという。

 実消化クラウドと、オンプレミス環境で構築したセールス統合マスタ管理システム(組織、担当者、エリア、施設担当、製品などの各種営業基本情報管理)を連携させる、ハイブリッド型システムを採用した。

 これにより、セールス統合マスタからのデータ提供によるきめ細かい処理が可能になり、人事異動や組織変更など経営上の変革にも柔軟に対応できるようになった。また、クラウドサービスとのハイブリッドにより、8か月という短期間で全体システムを構築した。

 NECでは、新サービスを今後3年間で20社の製薬会社への販売を目指す。さらに、実消化システムと連携するセールス&マーケティングシステム領域(SFAやBI/DWHなど)を含めたサービス化、実消化業務自体を請け負うBPOサービスの開始なども計画しており、製薬業界向け事業を強化していく考え。

医療IT関連記事

EAI・ETL・SOA ジャンルのトピックス

EAI・ETL・SOA ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!