• 2014/11/19 掲載

国内CAD市場規模は7.1%増の3,272億円、VDI連携が本格化

記事をお気に入りリストに登録することができます。
国内のCAD/CAM/CAEシステム市場規模(事業者売上高ベース)は、2013年度は3,055 億円(前年度比6.1%増)となった。2014 年度は、3,272 億円(同 7.1%増)となる見込み。矢野経済研究所が発表した。
 日本国内のCAD/CAM/CAEシステム市場規模(事業者売上高ベース)は、2013年度は前年度比6.1%増となる3,055億円となった。2013年度の日本経済は、円安が進んだことにより、輸出型企業を中心に企業収益が改善し、設備投資が回復した。

photo
CAD/CAM/CAEシステム市場規模推移

関連記事
 2014年度においては、日本国内は消費税増税により、民間最終消費支出および民間住宅投資を中心に大きく冷え込むなど反動減が続くが、企業部門は高い収益状況を維持しており、2014年度の国内CAD/CAM/CAE市場(同ベース)は、3,272億円(前年度比7.1%増)となる見込み。

 分野別に内訳をみると、機械系CAD/CAM/CAEの市場規模は、2013年度は1,969億円(同6.1%増)となった。2014年度は、2,135億円(同8.5%増)となる見込み。これは、円安傾向から自動車メーカーなどの輸出型製造業の業績が回復し、CAD/CAM/CAEへの設備投資も回復したことによるという。

 EDAの市場規模は、2013年度は766億円(同3.7%増)であった。2014年度は、801億円(同4.5%増)となる見込み。2013年における日本国内の電子工業生産は、大きく落ち込んだ。とりわけ、半導体ならびにフラットパネルディスプレイ(FPD)等の電子部品は、需要の低迷、激しい国際競争による価格の下落、パソコン需要の減少等の影響により、極めて厳しい状況にあり、EDA市場へも影響が及んでいる。

 土木・建築系CADの市場規模は、2013年度は320億円(同12.4%増)であった。2014年度は、336億円(同5.2%増)となる見込み。東日本大震災からの復興需要、あるいは公共事業投資などが追い風になり、現在、土木・建築業界および測量業界はきわめて好調で、土木・建築系CADはバブル期以来の好調さが続いているという。

 また、CADをVDI環境(仮想デスクトップ環境)で動かす試みが行われており、大手CADベンダーが本腰を入れているという。CADをVDI上で利用できれば、機密データの漏えい防止やシステム維持コストの削減効果、業務効率化、ワークスタイル変革の促進などが期待でき、UNIXワークステーションからPCに移行して以来、約15年ぶりにプラットフォームが変わる可能性がでてきているとしている。

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます