開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2016/03/11

IoTで絶対に知っておくべきテクノロジーのトップ10、ガートナーが発表

ガートナーは、これから先の2年間で、すべての企業・組織にとって重要性が増してくる「モノのインターネット (IoT) テクノロジー」のトップ10を発表した。


photo

関連記事
 本発表にあたって、ガートナーのリサーチ バイス プレジデント兼最上級アナリストのニック・ジョーンズ氏は次のように語っている。

「IoTには非常に広範囲の新しいテクノロジーとスキルが求められますが、多くの企業はまだこれらを使いこなしていません。IoTの領域では、テクノロジーとサービス、さらにはこれらを提供するベンダーが未成熟であるということがテーマとして繰り返し話題に上ります。IoTに関して取り組みを進める、あるいはこれから始める企業にとって、このような未熟性を念頭に置いて開発を進めること、ここから生じるリスクを管理することが、これからの重要なチャレンジとなります。また、IoTに関する多くのテクノロジー領域では、スキル不足も大きな課題になるでしょう」

 ガートナーが発表した2017年および2018年に注目すべきIoTテクノロジーのトップ10は次のとおり。

  1. IoTセキュリティ
  2. IoTアナリティクス
  3. IoTデバイス (モノ) の管理
  4. 省電力の短距離IoTネットワーク
  5. 省電力WAN (広域ネットワーク)
  6. IoTプロセッサ
  7. IoTのOS
  8. イベント・ストリーム処理
  9. IoTプラットフォーム
  10. IoTの標準とエコシステム

IoTセキュリティ

 IoTによって、広範囲に新しいセキュリティ・リスクと課題が生み出されます。その対象にはIoTデバイス自体だけではなく、IoTデバイスのプラットフォームとOS、通信、また接続先であるシステムさえも含まれます。通信を暗号化するとともに、「モノ」のなりすましやバッテリを消耗させるDenial-of-Sleep攻撃といった新しい脅威に対処して情報攻撃と物理的な改ざんの両方からIoTデバイスとプラットフォームを保護するために、セキュリティ・テクノロジーは欠かせない要素になるでしょう。多くの「モノ」に実装されているシンプルなプロセッサとOSが高度なセキュリティ・アプローチに対応していないという事実を踏まえると、IoTセキュリティは複雑な課題です。

「経験豊富なIoTセキュリティ専門家の数は少なく、セキュリティ・ソリューション間の連携はなく、複数のベンダーが混在しているのが現状です。ハッカーがIoTデバイスとプロトコルへの新たな攻撃法を編み出していく中で、2021年末までにさまざまな新しい脅威が出現するでしょう。このため、耐用年数が長い『モノ』には、そのライフサイクル全体を通じてアップデートしていくことができるハードウェアとソフトウェアが必要になります」(ニック・ジョーンズ氏)

IoTアナリティクス

 IoTのビジネスモデルでは、顧客行動の理解やサービスの提供、製品の向上、ビジネス・チャンスの発見と捕捉などを目的に、さまざまな方法で「モノ」が収集した情報を分析します。ただし、IoTには新たな分析的アプローチが必要で、新しいアナリティクス・ツールとアルゴリズムが求められますが、2021年末までにデータ量が増加し続ける中で、このようなIoTのニーズと従来のアナリティクスとの乖離はさらに広がっていくでしょう。

IoT・M2M ジャンルのセミナー

IoT・M2M ジャンルのトピックス

IoT・M2M ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!