• 会員限定
  • 2018/07/09 掲載

ARが現実世界を動かす?Vuforiaの「Reality Edit」とは

ボストンAR最新レポート

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
AR(Augmented Reality、拡張現実)は瞬く間に広がりを見せ、今や産業アプリケーションにも欠かせない存在になりつつある。そのARを巡り、本来は現実に仮想の説明などを加える役割だったはずのARが逆に現実に介入するという新しい動きが見られる。仮想と現実のインタラクションにより、さまざまな可能性が広がっている。
画像
コンベヤーの速度、フィード(供給)の速度、フィーダーの容量などが数値としてARに表示される


Reality Editとは何か?

関連記事
 6月18、19日に米マサチューセッツ州ボストンで、PTCが主催するLiveWorx18が開催された。マイクロソフトやインテルなど現在のIT業界のトップを走る企業らが参加し、AI、ロボティクス、AR、VRなどこれからの産業の中で重要になる技術が展示された。

 18日朝にPTCのCEO、ジェームス・へプルマン氏が基調講演を行った。その中で興味を引かれたトピックの1つが「Reality Edit」だった。

 Reality Edit はARに現れたアイコンを通し、現実のロボット操作を行うものだ。ARが単なる現実のガイドではなく現実にインタラクト(介入)できるツールになるという画期的なアイデアだった。その実力を知るために、早速ブースを訪れてみた。

世界初の「ARから現実世界を動かす」試み

 Vuforia は、PTC傘下でARにまつわる技術を担当するセクションだ。Reality EditのコーナーはVuforiaのブースの中にあった。

 Reality Editという考え方は、元々MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボのプロジェクトとして始まった。

 当時MITの博士課程に所属し、プロジェクトを率いていたヴァレンティン・ハウン氏は、「ARで単に画面に機械の説明が浮かび上がる、仮想のイラストなどが登場するという機能を超えて、そこから現実をコントロールできる方法があるのではないかと考えた」という。

 その結果として生まれたのがReality Editというシステムだ。簡単に言うと、スマホやタブレット上にARとして登場するガイドを操作することにより、そこからロボットの動きをコントロールするものだ。

 今回デモとして用意されていたのは、材料をベルトコンベヤーに乗せて供給する、単純なフィーダーロボット。ARにはコンベヤーの速度、フィード(供給)の速度、フィーダーの容量などが数値として表示される。またフィードを受ける側のスケールに関しても、別個のシステムではあるが同じAR上に目盛り、許容量のパーセンテージなどが浮かび上がる。

 これだけならばフィーダーロボットの作動状態をAR上でチェックするというだけの話だ。しかし、Reality Editではスマホなどで機械のスイッチ部分などを映し出し、そこに現れたスイッチアイコンをAR上の機能としてインポートすることができる。するとスマホのスイッチアイコンのオン・オフをタップすることで、実際の機械を動かしたり止めたりすることが可能となる。

 それだけではなく、スマホあるいはタブレット上から、フィードの速度、量などのチェック、変更、またフィードを受け取るスケールが一杯になっていた場合のカートンの交換も指示することができる。つまり画面上にARとして現れたアイコンが、現実の機械をコントロールするツールとなるのだ。このような機能を持つARは世界初の試みだという。

【次ページ】ARがアニュアルに取って代わる

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます