開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/11/30

アップルvsサムスン 巨大企業の知的財産権や知財紛争の実態とは?

「パクっているのは明らか」か?

アップルとサムスンの法廷闘争は、両社の主力機種であるiPhone 5とGalaxy S3も対象に加えられるなど、ますますヒートアップしている。ただ、新聞やテレビでこのニュースを見ている人の中には、「サムスンがアップルを『パクっている』のは明らかでは?」「なぜ世界各国で同時に争っているのか?」「サムスンはアップルの特許の無効を主張して良いのか?」など、さまざまな疑問を持っている人が少なくないはずだ。巨大企業同士の、知的財産権を巡る紛争は、非常にスケールが大きく、また、「人権侵害を裁判所が救済するか」といった意味での、いわゆる「正義」の問題というよりは、「パワーゲーム」である、という側面が強い。本稿では、アップルvsサムスンの紛争を見ながら、「知財紛争」というものの姿や、その中で企業がどのような判断を行っていくのかについて検討する。

弁護士 河瀬 季

弁護士 河瀬 季

東京大学 法学政治学研究科 法曹養成専攻 卒業。
2002年からIT関連フリーランスとして、SBクリエイティブ社の雑誌への寄稿、書籍の全編執筆などの執筆活動や、各種ウェブサービスの開発等を行う。司法試験合格後は弁護士として、ITとビジネスに強いコスモポリタン法律事務所(東京・音羽)に所属。自らも、複数のIT企業の顧問弁護士などとして、新興企業支援や知的財産権管理、資金調達などを含む、各種の企業法務に携わっている。
個人サイト:http://tokikawase.info/
Twitter:http://twitter.com/tokikawase


8月の東京地裁判決はアップルの請求を棄却した

 8月31日の東京地裁の判決を受け、新聞やニュースサイトには「アップル日本では敗訴」といった見出しが躍った。

画像
東京地裁は、「サムスン製品はアップルの主張する特許権を侵害していない」という判断を行った。(http://jp.reuters.com/article/
topNews/idJPTYE87U02P20120831
 東京地裁が判断を下したのは、音楽ファイルの同期に関するアップルの特許権についてだった。既にPCからスマートフォンへ転送されている音楽ファイルについて、以後の同期時に、「転送後にPC上でメタデータの編集が行われたか」をチェックし、行われているなら再度そのファイルをスマートフォンへ転送する、という方法に関する特許権だ。アップルのiTunesは上記のような仕組みを利用しているが、サムスンの音楽転送ソフト「Kies」は、単純に「ファイルサイズが変わっているなら再度転送する」という仕組み。従ってサムスンはアップルの特許権を侵害していない、という判断だった。

 もっとも、これは、アップルが主張する4件のうちの1件だ。東京地裁は、最も判断しやすい1件について先に判決を出した、というだけであり、残り3件でアップルが勝訴することは十分に考えられる。

アップルvsサムスンについてのよくある疑問点

 このニュースについて、多くのスマートフォンユーザーは、おそらく以下のような感想を持つのではないだろうか。

「なぜそんな些細な技術について争っているのか?これはスマートフォン市場全体を揺るがす規模の知財紛争であり、大体、サムスンの製品が全体としてアップルを『パクっている』のは明らかなのではないか?」

 付言すれば、サムスンの「Kies」は、サムスンのスマートフォン、Galaxyのユーザーなら皆が使っているソフトウェア、という訳でもない。「そんなソフトあったっけ?」というGalaxyユーザーも多いのではないだろうか。

サムスンはアップルの製品を「パクって」いる?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

知財管理 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!