開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/04/11

「Amazonガチャ」は何故潰れたか──ブランドへの「タダ乗り」はどこまで許される?

「面白い恋人」は違法なのか

「Amazonガチャ」とは、Amazonの中からランダムに選ばれた4,500円分の商品が入った福袋を5,000円で買う(差額500円は代引き手数料など)といったサービスだ。しかし、「Amazonの商標権を侵害しているのではないか」などとネット上で「炎上」し、各種ネットメディアでも取り上げられ、開始からわずか5日で閉鎖に追い込まれてしまった。「Amazonガチャ」は何故炎上したのか。「Amazonガチャ」は「Amazon」の商標を、いかなる意味で侵害したのか。他のベンチャーやIT企業などにとっても、今回の事件から学べることは多いだろう。「Amazonガチャ」の仕掛け人、BearTail代表取締役 黒崎 賢一氏のインタビューを交えながら検討していこう。

弁護士 河瀬 季

弁護士 河瀬 季

東京大学 法学政治学研究科 法曹養成専攻 卒業。
2002年からIT関連フリーランスとして、SBクリエイティブ社の雑誌への寄稿、書籍の全編執筆などの執筆活動や、各種ウェブサービスの開発等を行う。司法試験合格後は弁護士として、ITとビジネスに強いコスモポリタン法律事務所(東京・音羽)に所属。自らも、複数のIT企業の顧問弁護士などとして、新興企業支援や知的財産権管理、資金調達などを含む、各種の企業法務に携わっている。
個人サイト:http://tokikawase.info/
Twitter:http://twitter.com/tokikawase


「Amazonガチャ」は「Amazon」ブランドへのフリーライドを試みた

 そもそも、「Amazonガチャ」を立ち上げたきっかけや動機は何だったのだろうか。筑波大学の学生によるベンチャー「BearTail」の代表取締役、黒崎 賢一氏は次のように語る。

photo
BearTail
President and CEO
黒崎 賢一氏
「『Buypass』というサービスを運営しており、Amazonに対する自動注文のシステムを作ったので、これを利用し、会社のPRになるような新サービスを立ち上げられないか、という動機でした。新サービス自体で儲けようとは思っていなかったのです。そこで『Amazon』に、流行語でもあった『ガチャ』を付けて『Amazonガチャ』とし、インパクトを狙った、という感じです」

 下世話な言い方をすれば、黒崎氏の狙いは、「Amazonのブランドネームにフリーライド(タダ乗り)して話題性を獲得すること」であったと言えそうだ。そして、後述するように、ブランドネームへの「(この意味での)フリーライド」自体は、必ずしも商標法によって禁止されていない、と考えられる。

商標権は「類似」を問題にする

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!