開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/09/19

iTunes Radioで盛り上がる音楽ストリーミングと新たなビジネスモデル

データに「所有権」は観念できない

Appleが9月18日に米国でスタートさせた「iTunes Radio」は、音楽ストリーミングのサービスだ。昨年あたりから非常に注目を増している分野なのだが、「データの所有権を持てないストリーミングにはあまり魅力を感じない……」というような「違和感」を持っている人も多いのではないだろうか。しかし実は、データにはそもそも「所有権」は観念できない。最近話題の音楽ストリーミングを題材に、「データの所有権」という幻想や、音楽に限らない、あらゆるデータに関するビジネスモデルの「ヒント」となる法的知識について解説する。

弁護士 河瀬 季

弁護士 河瀬 季

東京大学 法学政治学研究科 法曹養成専攻 卒業。
2002年からIT関連フリーランスとして、SBクリエイティブ社の雑誌への寄稿、書籍の全編執筆などの執筆活動や、各種ウェブサービスの開発等を行う。司法試験合格後は弁護士として、ITとビジネスに強いコスモポリタン法律事務所(東京・音羽)に所属。自らも、複数のIT企業の顧問弁護士などとして、新興企業支援や知的財産権管理、資金調達などを含む、各種の企業法務に携わっている。
個人サイト:http://tokikawase.info/
Twitter:http://twitter.com/tokikawase


「iTunes Radio」は音楽ストリーミングの「黒船」となるか

 9月18日、Appleが米国で音楽ストリーミングの「iTunes Radio」というサービスをスタートさせた。各ユーザーの音楽の趣味を分析してストリーミング配信を行う、「パーソナライズド・ネットラジオ」と呼ばれるサービスだ。

photo
「Spotify」はまだ国内未上陸だ。今年年末くらいに国内サービスが開始されるのでは?と言われてはいる
 音楽ストリーミングは、昨年あたりから非常に注目を増している分野だ。現時点の代表格は「Spotify」。全世界で2400万人以上のアクティブユーザーを抱える、月額9.99ドル(または広告付きで無料)のサービスだ。2000万以上の曲を、320kbpsという高音質で、遅延コンマ数秒で再生させることができる。「iTunes Storeのようなデータ販売は、違法コピーを根絶できなかった」「違法コピーが馬鹿らしくなってくるサービスこそが違法コピーを根絶し、音楽を再び健全化させる」……というような文脈で紹介されることも多い。

 同様のサービスは、特にauユーザーに人気の「KKBOX」や、ソニーが運営する「Music Unlimited」、DeNAが運営する「Groovy」など、国内でも多数登場している。ただ、邦楽の登録が少ないこともあり、まだあまり盛り上がっていない……というのが実情だ。

 「iTunes Radio」は、世界的にも「Spotifyの牙城を王者Appleが崩せるか」という点で、特に国内では「まだ盛り上がっていないストリーミングサービスの分野に黒船が来るか?」という点で、注目されているのだ。

音楽ストリーミングサービスに対する「違和感」

 音楽ストリーミングサービスは、特にPCやスマートフォンに大量の音楽をコレクションしている音楽ファンに対して、以下のような「違和感」を生じさせるだろう。

 「たしかに便利だろうけど、音楽が自分のものにならないサービスでは、満足感を得られないのでは?」

 この素朴な「違和感」と、データを巡るビジネスについて検討していこう。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

Web戦略・EC ジャンルのトピックス

Web戦略・EC ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!