開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/06/02

セディナとさくらカードが合併 SMFGのクレジットカード事業再編で

三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMFG)は2日、さくらカードとセディナのクレジットカード事業を統合し、平成28年4月をめどに両社の合併を実施するとを発表した。

関連記事
 今回の発表は、SMFGのさくらカードとセディナが平成28年4月をめどに合併し、事業効率の向上をはかるというもの。

 さくらカードはこれまで三井住友銀行と協働し、キャッシュカード一体型クレジットカードを中心としたJCBブランドのクレジットカードを同行の顧客に対して提供しており、2013年度末時点での会員数は54万名。セディナは流通系クレジットカードとして発展し、2013年度末時点でのカード会員数は1,841万名にのぼる。

 さくらカードが提供してきたJCBブランドのキャッシュカード一体型クレジットカードに代わり、セディナから平成26年7月14日よりキャッシュカード一体型のクレジットカード「SMBC JCB CARD」を発行する予定。

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!