開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/07/02

ソニー銀行、メール配信基盤にHDEの「HDE Mail Application Server #Delivery」採用

HDEは2日、同社製品のエンタープライズ向けメール配信統合プラットフォーム「HDE Mail Application Server #Delivery」がソニー銀行に採用されたことを発表した。

 「HDE Mail Application Server #Delivery」は、基幹システムやデータベースと連携するためのシステムインターフェースを複数実装したメール配信統合プラットフォーム。電子署名付与機能のほか、携帯・スマートフォン向けの高速メール配信機能、不達メールの解析処理が行える。

photo
「HDE Mail Application Server #Delivery」
既存システムとの連携イメージ

関連記事
 ソニー銀行は今回、メール配信基盤に「HDE Mail Application Server #Delivery」を導入。電子署名付与機能によってなりすまし対策を強化したという。

 HDE Mail Application Server #DeliveryはJavaで開発されており、大手銀行での入出金通知メール配信、公営競技での当選通知メール配信、携帯電話への防災情報配信、大手クレジットカード会社でのクレジットカード利用明細メール配信など、金融機関におけるメール配信基盤として必要な機能を網羅。ミッションクリティカルな分野での導入実績を有する。

メールセキュリティ ジャンルのトピックス

メールセキュリティ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!