開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/02/20

リアルワールドゲームス 清古貴史 社長に聞く、BitHuntersがポケモンGOを超える日

2.5億円を調達し、スタートアップワールドカップ2018日本予選でマイクロソフト賞を受賞したリアルワールドゲームスは位置情報を活用したスマホゲーム「BitHunters(ビットハンターズ)」を開発している。同ゲームは「ポケモンGO」と何が違うのか? 先行の位置情報ゲームより優れているのは何か? 地図データや健康増進といった社会課題解決の観点から、リアルワールドゲームス 代表取締役社長 清古貴史氏に話を聞いた。

(聞き手・編集:編集部 佐藤 友理)

photo
リアルワールドゲームス 代表取締役社長 清古貴史氏
(※本記事は、12月下旬時点の取材内容に基づくものであり、現在の状況とは異なる可能性があります。)

リアルワールドゲームスが作る「リアルワールドゲーム」とは?

 リアルワールドゲームスが4年の歳月をかけて企画・開発したBitHuntersは、スマートフォン向けの位置情報ゲームである。現実の街を歩いてロケーションを発見し、広大な空間で敵を倒して楽しむ。

 同社はこの種の「現実世界を歩くことで進行するスマートフォン向けの位置情報ゲーム」を「リアルワールドゲーム」と呼んでいる。



関連記事
 同社代表取締役社長の清古氏は「我々は2001年から『リアルアンリアル』という会社で、BitHuntersの前身となる開発を始めていました。2017年2月にリアルワールドゲームの専業会社として現在の会社を設立し、ゲームのプラットフォームを開発しました。まだ設立から1年も経ちませんが、すでに累計で約2.5億円の資金調達に成功しました」と語る。

 同社が開発したゲームプラットフォームでは、ゲームコンテンツだけでなく、教育系や医療系のアプリケーションまで開発できるようになる。

国際糖尿病連合が2017年に発表したデータによると、世界人口75億人のうち、4億2500万人が糖尿病にかかり、90兆円以上の治療費が必要な状況です。日本国内だけでも1000万人以上の患者がいます。我々はBitHuntersを通じて、医療費問題を解決したいと考えています。リアルワールドゲームは歩く位置情報ゲームなので、遊びながら自然に運動できるというメリットがあります。特にBitHuntersのテストプレイヤーの歩行距離は、ポケモンGOの1.8倍という数字が取れています」(清古氏)

「自前の地図情報を持つ」ことで差別化を図る

画像
リアルワールドゲームの「BitHunters」。12月にリリース前の事前登録を介したが、現在はリリース延期のに合わせて事前登録を停止中。
 では、リアルワールドゲームと従来の位置情報ゲームの違いは何か。

 清古氏はリアルワールドゲームの定義として「リアルな地図を持つ」「ワンワールドの世界を有する」「ユーザーの位置情報が常に反映される」という3つの技術要素を挙げる。具体的には、Niantic社が開発したIngressとポケモンGO、そして同社が開発中のBitHuntersもリアルワールドゲームに含まれるという。  

「これまで、位置情報を使ったゲーム開発といえば、ゼンリンやGoogle Mapの地図データを使うことが一般的でした。たとえばGoogleのAPI(Application Programming Interface)経由で画像の地図データを利用すれば、開発も容易に行えるのですが、利用コストがかかりすぎてしまいます。採算が取れない、なんてことにもなりかねません。そこで我々は独自に世界中から地図データを収集し、さらに位置精度を高める工夫を凝らしたのです」(清古氏)

 地図情報は画像として処理することが多いが、BitHuntersは地図情報を画像ではなく、点で表現するマッピングテクノロジーを採用している。このため地図の精度が高く、周囲の建物の状況を詳しく表示できる。同氏によれば、この種のゲームを違和感なくプレイするためには、こういった情報は重要だという。

 また、リアルワールドゲームは、1つのサーバのゲーム世界に対して、プレイヤー全員がアクセスする、いわゆる「ワンワールド」を実現していることも特徴だ。

 従来のネットワークゲームはサーバを区切り、1つのサーバで1万人程度の限られた人数のユーザーがゲームにアクセスしてプレイする形式だった。この方法なら、ユーザーが増加してもサーバを追加すれば対応できるため、負荷に対応しながらスケールできる。そのため、設計時にキャパシティ・プランニングもしやすい。反面、別々のサーバ間でプレイヤー同士が交流できないというデメリットがあった。

 そこで、BitHuntersでは、サーバを1つに集約し、あらゆるユーザーが1つのゲームの世界を共有しながら遊べるようにしている。  

 もう1つリアルワールドゲームを特徴づける点が、ユーザーの位置情報が常に反映される仕組みだ。

 従来の位置情報ゲームはキロメートル単位で端末をトラッキングし、特定場所でユーザー自身がチェックインする形だった。しかしIngress以降のゲームでは、端末とサーバが常時通信して位置情報を取得している。

 清古氏は「ユーザーの位置情報が常に反映される仕組みは、O2O(オンライン トゥー オフライン)送客に活用することができます。たとえば、BitHuntersで遊びながら街中を歩き回ったらのどが渇きますよね? そんなときに、地図情報を使って『この先にコンビニがある』『あっちに行けば自販機がある』というのがわかれば、ユーザーのラストワンマイルにアプローチできます」と、ビジネスの可能性を指摘する。

【次ページ】BitHuntersで実現する3つのビジネスモデルとは

お勧め記事

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのトピックス

デジタルマーケティング・マーケティン... ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!