開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/12/31

四国で世界初!線路と道路の両方を走る「DMV」は地方の救世主になるか

徳島県南部の海陽町と高知県東部の東洋町を結ぶ第三セクター・阿佐海岸鉄道の阿佐東線8.5キロに、線路と道路の両方を走るデュアル・モード・ビークル(DMV)が世界で初めて運行することになり、年明けから導入に向けた工事が本格的に始まる。運行開始は東京五輪が開催される2020年が目標で、人口減少に苦しむ沿線の地方自治体は観光の目玉として期待をかけている。湘北短期大総合ビジネス・情報学科の大塚良治准教授(経営学)は「関東でも知名度が高い室戸岬まで運行できれば、地域観光に波及効果が期待できるのでないか」と指摘する。

政治ジャーナリスト 高田 泰(たかだ たい)

政治ジャーナリスト 高田 泰(たかだ たい)

1959年、徳島県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。地方新聞社で文化部、地方部、社会部、政経部記者、デスクを歴任したあと、編集委員を務め、吉野川第十堰問題や明石海峡大橋の開通、平成の市町村大合併、年間企画記事、こども新聞、郷土の歴史記事などを担当した。現在は政治ジャーナリストとして活動している。徳島県在住。

画像
DMVが地上へ降りるスロープの設置工事が近く始まる高知県東洋町の甲浦駅。スロープ設置で閉鎖される駐車場とバス停留所の工事は完成している。
(写真:筆者撮影)


甲浦駅にスロープ設置、ここからバスに早変わり

画像
 高知県東洋町河内の甲浦駅。阿佐海岸鉄道の終点だが、周囲を山と農地に囲まれたのどかな景色が広がる。平日の乗降客はごくわずか。駅前に高知県室戸市や徳島県牟岐町へ向かう路線バスがやってくるが、乗客のいないまま発車することも珍しくない。

 そんな寂れたローカル線の駅に今、注目が集まっている。世界で初めてDMVが運行することになり、年明けから本格的な工事が始まるからだ。阿佐東線の線路を走ってきたDMVはここで一般道路に降り、運行を続ける。

 工事は高架上の線路と地上を結ぶ延長85メートル、幅4メートルのスロープを設置するもので、駅前の駐車場とバスの停留所が建設場所となる。このため、駅の南西側に広さ830平方メートル、12台収容の平面駐車場が新たに設けられた。スロープは2019年中に完成する見通し。

 阿佐海岸鉄道は2019年秋ごろからDMVの運行を予定する徳島県海陽町の宍喰駅、海部駅、JR四国の阿波海南駅でDMV用のホームやバスモードとの切り換え施設、DMV用の保安システムなどの整備に入る。調達するDMV車両は3両。2019年度中に試験走行を始める計画だ。

 阿佐東線は海部駅から甲浦駅を高架上の線路で結ぶ。しかし、高架駅でDMVが地上と行き来できるようにするのに多額のコストがかかることから、地上駅のJR阿波海南駅を始発とし、阿波海南駅から甲浦駅までをDMV専用区間とする。甲浦駅で道路へ降りたあとのルートは未定だが、室戸市の室戸岬までの運行が将来的に検討されている。

 2020年の運行開始目標に向け、徳島県次世代交通課は「地域振興の起爆剤として計画通りに導入を進めていきたい」、阿佐海岸鉄道の宮﨑祐伸専務も「世界初の乗り物だけに、観光面への波及効果を期待している」と意気込んでいる。

苦境が続く鉄道経営、DMV観光に活路

関連記事
 DMVは線路を走る車輪と道路を走るタイヤの両方を装備した車両で、JR北海道が開発した。保線作業用に車輪とタイヤを切り替えて走る軌陸車があるが、軌陸車の足回りにバスの車体を乗せた格好だ。

 JR北海道は2004年に試作車を完成させ、日高本線などで試験走行を繰り返した。しかし、経営が悪化する中で度重なる事故から安全対策を優先せざるを得なくなり、導入を断念した。その後、導入を検討する自治体や鉄道会社はあったが、具体化する事例がない中、徳島県の飯泉嘉門知事が2017年、阿佐海岸鉄道への導入を打ち上げた。

 阿佐海岸鉄道は旧鉄道建設公団が整備しながら、国鉄再建法により放置されていた阿佐東線を運行する三セク鉄道として1992年に開業した。しかし、沿線は人口減少と高齢化の進行が著しい過疎地域。経営は開業以来、赤字続きの苦しい状態が続く。開業当初に自治体が積んだ5億円の基金を使い果たし、新たな支援を受けている。

 2017年度は最終損益で107万円の黒字となったものの、これは補助金で埋め合わせた結果。営業損益は車両検査のコスト負担が響き、1億737万円の赤字を記録した。四国へ流入を始めた外国人観光客の波及効果もそれほど見られない。高知県交通運輸政策課は「このままではじり貧状態が続く。観光面で活路を見いだしたい」としている。

【次ページ】地元自治体も観光振興に大きな期待

地方創生・地域経済 ジャンルのトピックス

地方創生・地域経済 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!