• 会員限定
  • 2014/05/29 掲載

森川亮社長が語るLINE流イノベーション、お金か人か?利益かサービスか?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
最近では「イノベーション」という言葉が普通に使われるようになった。しかし、それを実現するのは並大抵ではない。ある意味でイノベーションは“クレージー”なものであり、誰もが信奉できるものではないかもしれない。しかし、この変化の激しい時代にイノベーションを起こさなければ、企業は生き残ることはできないだろう。世界で4億人のユーザーを抱え、快進撃を続けるLINEの森川亮氏が、企業内でイノベーションを阻む課題、イノベーションを実現する文化や環境づくりについて語った。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

イノベーションの課題は企業の中にある

photo
LINE 代表取締役社長の森川亮氏
 LINEと言えば、いまや世界で4億人のユーザーを抱え、国内では知らない人はいないほどのコミュニケーションサービスになった。

 そんなLINEをスタートアップ時から引っ張ってきたのが同社の森川亮氏だ。LINEは当初、メール、無料通話、スタンプなどを提供するコミュニケーションツールだったが、いまではその領域を超え、ゲーム、電子書籍、広告モデル、eコマースなどのサービスを拡充し、プラットフォームとしての価値を提供している。

 LINEの立役者である森川氏は、一体どうやってイノベーションを進めたのか?

「課題は企業の中にある。イノベーションを進めるには、従来の文化を壊さなければならないからだ。最も重要な点は、破壊が本当に可能かということ。大企業とベンチャーで、どちらがイノベーションを起こしやすいかはあまり関係がない。社内変革を起こせる人材がいて、その環境があるかどうかがポイントだ」(森川氏)。

関連記事
 現在、成功している大企業にはメインの事業がある。新たに何かアクションを起こすときは、概ねそれらと真反対か、破壊するようなものが多い。森川氏は、「そうなると内部に抵抗勢力が起こり、説得に時間がかかる。ベンチャーのほうが小回りが利くかもしれないが、いずれにしても企業規模とは関係なく、早いスピードで価値を提供できることが重要だ」と説く。

 次にお金か人か? という話になると、森川氏は「お金がないからできないと聞く。もちろん資金がなければダメだが、やはりイノベーションを起こす鍵は人材だ。そしてキーマンには変わった人が多く、既存の文化や組織にそぐわないケースもある。そこでダイバーシティ(多様性)の中で彼らを受け止め、いかに仕事を任せられるか、それが必要な要素になる。その結果として、お金も付いてくるだろう」とした。

 また利益かサービスか?という観点では、「もちろんビジネスだから利益を生み出さねばならない。しかし、もっと大事な点は、ユーザーに価値を提供すること。大きな価値をつくるには時間がかかるが、まず利用者の価値を高め、そのあとに利益を出すことを投資家にも考えてもらいたい。経営者はユーザーの価値を最大限に高めることに集中すべきだ」(森川氏)。

 さらに技術かスピードか? という問題もある。「競争力をつけるには技術は必要だ。だが勘違いしてはいけない点は、それが本当に利用者に価値を生み出しているのかということ。特に技術畑の経営者は、技術を愛しすぎてこだわってしまう。いろいろチャレンジして資金を使い果たし、後発企業に優れた技術やサービスを奪われてしまう。大事な点は、差別化された技術を使って、潜在的に求められるニーズを顕在化させ、素早く価値を生み出すことだ」(森川氏)。

 では、LINEは企業として具体的にどういう戦略を立て、サービスを提供してきたのか? 森川氏の答えは意外なものだった。

【次ページ】LINE流イノベーションとは

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます