開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2012/12/20

東芝ソリューション、製造業の市場品質情報を統合管理する「PQTMeister」を発売

東芝ソリューションは20日、製造業向けに市場品質管理ソリューション「PQTMeister(ピーキューティマイスター)」を販売すると発表した。グローバルで市場品質情報を統合管理し、素早い市場処置の対応による企業価値向上を実現する。

 「PQTMeister(Product Quality & Traceability Meister)」は、「PQTMeister 市場品質」、「PQTMeister トレーサビリティ」の2つのソリューションから構成された市場品質管理ソリューション。「顧客視点での品質向上」とリコールなどへの「素早い市場処置の対応」を支援する。

photo
PQTMeisterの全体イメージ

 「PQTMeister 市場品質」は、出荷された自社製品で発生した不具合を早期にキャッチし、原因調査の依頼から回答までを統合的に管理することで「調査状況の見える化」や「過去における同様の不具合の検索」などの不具合対応に必要な機能を搭載したパッケージソリューション。

photo
「PQTMeister 市場品質」の利用イメージ

 不具合原因は発生した不具合現象からは容易に判断できず、複数部門が並行して調査し、また調査回答に応じて別の調査依頼を行うため、非定型で複雑な依頼フローになる特性がある。

 この特性に対して、独自の動的なワークフローエンジンを実装することで、従来のワークフロー製品では実装困難だった複雑な依頼フローへの対応を実現している。発生した不具合を早期に管理状態に置き、調査依頼の進捗管理機能、ワークフロー管理機能や同種不具合検索などの機能を利用することで、「原因の早期究明」、「対処の早期化」を支援する。

 「PQTMeister トレーサビリティ」は、製品や部品をシリアルやロットという細かい単位で識別し、調達、製造、出荷など製造業における各工程での履歴情報を統合的に管理し、トレーサビリティに必要な機能をもつパッケージソリューション。

photo
「PQTMeister トレーサビリティ」の利用イメージ

関連記事
 製品に不具合や問題が発生した場合、製造番号や部品番号といった識別要素をもとに「いつ、どこから仕入れ(調達)、いつ、どこで製造し、いつ、どこに販売したのか」という情報の統合管理を実現する。これにより、不具合があった製品から各部材の組付情報をたどった原因追及が可能になる(トレースバック)また逆に、不具合原因となった部材が使用された自社の最終製品がどの程度の範囲で市場に出回っているかを把握することが可能となり、対策範囲の根拠が明確になる(トレースフォワード)。

 これらの機能を活用し、「影響範囲の特定」、不具合回収おける「対策コストの算定と削減」を実現する。

 「PQTMeister」は、自動車メーカーや自動車部品メーカーにおけるシステム導入経験から生まれた東芝ソリューション自社製のパッケージ。要望に応じた標準機能への取り込みや、実運用に合わせた機能のカスタマイズ・アドオンへの対応が行えるという。

 また、導入テンプレートがあらかじめ用意されているほか、ノンプログラミングによる画面作成機能「画面テーラリング機能」を標準搭載。日・英・中の3カ国語に対応する。

 動作環境はOSがWindows、Linux、Solaris、データベースはOracle、DB2、PostgreSQLに対応している。

 東芝ソリューションでは、自動車や自動車部品、精密機械や電子機器などの製造業の企業を中心に販売を行い、今後3年間で、市場品質管理ソリューションの分野で15億円の売上を目指す。

品質管理 ジャンルのトピックス

品質管理 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!