開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/03/18

カルソニックカンセイのグローバルPDM構築、ネットワークに求めた3要件

世界16か国に62拠点を持つ大手自動車部品メーカーのカルソニックカンセイ。2011年からの中期経営計画の中で、グローバルPDM(Product Data Management)の構築を目指し、2014年5月カットオーバー予定のCADデータ管理システムを構築した。アカマイ・テクノロジーズ主催のAkamai Enterprise Conference 2014にて、カルソニックカンセイ 研究開発センター・本社 グローバルテクノロジー本部 デジタル化推進グループ 部長の四方力氏が、その取り組みについて明かした。

執筆:レッドオウル 西山 毅、構成:編集部 松尾慎司

執筆:レッドオウル 西山 毅、構成:編集部 松尾慎司

レッド オウル
編集&ライティング
1964年兵庫県生まれ。1989年早稲田大学理工学部卒業。89年4月、リクルートに入社。『月刊パッケージソフト』誌の広告制作ディレクター、FAX一斉同報サービス『FNX』の制作ディレクターを経て、94年7月、株式会社タスク・システムプロモーションに入社。広告制作ディレクター、Webコンテンツの企画・編集および原稿執筆などを担当。02年9月、株式会社ナッツコミュニケーションに入社、04年6月に取締役となり、主にWebコンテンツの企画・編集および原稿執筆を担当、企業広報誌や事例パンフレット等の制作ディレクションにも携わる。08年9月、個人事業主として独立(屋号:レッドオウル)、経営&IT分野を中心としたコンテンツの企画・編集・原稿執筆活動を開始し、現在に至る。
ブログ:http://ameblo.jp/westcrown/
Twitter:http://twitter.com/redowlnishiyama

グローバルの売上比率と海外開発拠点数が急増

photo
カルソニックカンセイ
研究開発センター・
本社 グローバルテクノロジー本部
デジタル化推進グループ
部長
四方 力 氏
関連記事
 カルソニックカンセイは、1938年創立のカルソニックと1956年創立のカンセイが2000年に合併して生まれた企業だ。2005年には日産自動車が株式の42%を取得し、カルソニックカンセイは日産の連結子会社となっている。

 グローバルの従業員数は1万8818名、2012年度の売上高は7608億円、子会社の数は44社で(数字はいずれも連結)、開発拠点は日米欧に加えて中国、メキシコ、タイ、インドなどに置き、全世界に20社の顧客企業を有している。

 冒頭でも触れた同社の中期経営計画は「CK GX4 T10」というもので、カルソニックカンセイ(CK) グリーンバイ4(GX4) トップ10(T10)を意味する。2011年からの5か年で、Green/Growth/Global/Great Companyという4つのGを進めながら、さらに世界をリードする環境対応新製品を10個創出すること、売上高でグローバルトップ10に入ること(1兆円以上)、営業利益でグローバルトップ10に入ること(7%レベル)という目標を込めた言葉だ。

 2003年当時、同社では日本の売上比率が全体の60%を占めていたが、2012年度には50%を切り、さらに2013年度は40%になる見込みで、海外比率が急速に高まってきているという。

 また日本と海外の開発拠点との責任分担についても、2007年には全てのプロジェクトが日本で生産図を発行し、それを海外拠点に渡して生産製図の作り込みと現地顧客対応を行うという体制で進めていたが、昨今ではプロジェクトのスタートから海外開発拠点で責任を持って行うという形態が増えてきていると四方氏は語る。

「設計業務は既存の物を流用するというのが基本的な考え方。従って始めから海外で開発するといっても、流用元はほとんど日本の設計だ。つまり現状では日本と海外拠点との協業が非常に増加しているということ。我々にはこの関係を支援していくことが強く求められている」

 さらに最近では顧客のグローバル展開に歩調を揃えるように、海外の開発生産拠点数が増えていっているという。

「特に発展途上国への工場進出が多く、日本の生産技術部隊もグローバルに飛びまわっている。我々は彼らに必要な情報をタイムリーに届けることも求められている」

急速に進む世界展開には、グローバルPDMの構築で対応する

 こうした急速なグローバル化に対応するために、同社ではまずBOM(部品表)の整備に取り組んだ。

「モノづくりの最も基本となる情報はBOMだと考えている。グローバルオペレーションの実現に向けてまずはBOMに手を入れた」。

【次ページ】導入するネットワークソリューションに求めた3つの要件

生産・製造管理・PLM ジャンルのトピックス

生産・製造管理・PLM ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!