• 会員限定
  • 2012/06/08 掲載

森川博之東大教授:M2Mはグーグルやアマゾンへの対抗軸になる。求められるのは技術開発での「ストーリー」

ゼタバイト級のM2Mデータを戦略的に活用するには

記事をお気に入りリストに登録することができます。
最近急速に語られることが増えたビッグデータの本質は、単にWeb上の膨大なデータを処理することではない。あらゆる機器やモノがネットワークでつながり、そのデータを企業経営や社会問題の解決にいかに活用していくかが重要だ。この視点から、M2M(Machine to Machine)ネットワークが次世代のビッグデータを支える技術のひとつとして、今改めて注目されている。M2Mでいま求められているものは何か?東京大学 先端技術研究センター 教授で、新世代M2Mコンソーシアムの会長をつとめる森川博之氏が語った。

技術開発でも必要なのは“ストーリー”

photo
東京大学
先端科学技術研究センター教授
新世代M2Mコンソーシアム 会長
森川 博之氏
 M2Mでいま必要なのは、技術開発戦略における「ストーリー」だ──東京大学 先端技術研究センター 教授で、新世代M2Mコンソーシアムの会長をつとめる森川博之氏が、5月9日に開催されたワイヤレスM2M展の特別講演で語った(参考リンク:M2Mとは何か)。

「一橋大学の楠木建教授は『ストーリーとしての競争戦略』の中で、優れた競争戦略の条件として、面白いストーリーの有無の重要性を説いています。私は、同じことが技術開発にもいえると思っています。とくに日本のような成熟社会においてこそ、技術にも戦略にもストーリー性が求められると考えます。」(森川氏)

 経済や売上が右肩上がりの国や企業においては、明確なストーリーがなくても国民や社員の士気を保つことが可能だった。しかし、経済が成熟し安定している、もしくは衰退していくような状態にあっては、たとえば「いまよりあなたの生活を豊かに」といった背景にあるメッセージや、それを導くストーリーの有無がモチベーションの原動力となる。成長期を過ぎ、成熟局面を迎えている現在の日本では、企業の本当の戦略力が、いままさに試されているという。

関連記事
 また現代は、技術革新も飽和状態にあり、それが研究開発の軸に変化をもたらしている。たとえば商品は性能および品質が重視される時代から、魅力や付加価値が評価される時代になってきた。ものごとの指標も定量的な基準より、定性的な分析へのシフトが生まれている。システムありきの設計から、プラットフォームをどのように構築するかをまず考えるようになっている。

 森川氏は、自身が研究するM2Mについても、いかに(How)M2Mを実現するかではなく、M2Mで何を(What)を実現するのかというストーリーを第一に考えて取り組んでいるという。

画像
M2Mの構成要素
(出典:森川博之氏講演資料,2012)
 では実際に、M2Mで何ができるのか。M2Mのプレーヤーは、PCやWebの世界だけに留まらず、都市、医療、交通、農業、エネルギー、防災と広範にわたる。そのため、できることやそのストーリーについても、非常に多様なものになるという。

 こうしたM2Mを構成する要素として、膨大なデータを生むM2Mデバイス群がある。これらのデバイスは自販機、エレベータ、自動車、情報機器、家電製品、制御システム、カメラやセンサー類、スマートメーター、果てはペットのマイクロチップまでが該当する。

 これらのデバイスと通信するM2Mネットワークも3G/LTEといったモバイル網、インターネット、PLC、赤外線や省電力無線などの近距離通信とさまざまである。こうして集められたデータを処理する適用業務も当然あらゆる分野において広がっていく。

【次ページ】M2Mはグーグルやアマゾンに対抗する軸になる

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます