開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/06/17

NTTデータエンジニアリングシステムズ、金型製造業向けクラウド「Manufacturing-Space」

NTTデータグループのNTTデータエンジニアリングシステムズは17日、金型製造業向けにクラウドサービス「Manufacturing-Space」を、2013年10月1日より開始すると発表した。データセンターを利用し、PDM(製品データ管理)サービス、ライセンス管理サービス、CL計算サービスをインターネット経由で提供する。

 金型製造業向けにクラウドサービス「Manufacturing-Space」で提供するのは、大きく3つ。

 1つめは、PDM(製品データ管理)サービス。強固なセキュリティを確保することで、取引先にデータを公開できる仕組みを用意。見積りなどの営業情報からCADモデルのような設計・生産情報までプロジェクト全体で扱う情報を一元管理できる。また、情報の更新や閲覧などの権限を利用者ごとに設定でき、情報を安全に保管・更新できる。

 2つめは、ライセンス管理サービス。外出先でもCADを操作することができる。また、仕事の繁閑にあわせて、ライセンスを増減することも可能になる。突然のマシントラブルでも、別のマシンで同じ環境のもと作業ができる。

 3つめは、CL計算サービス。CAMのCL計算をクラウド上のサーバで高速処理できる。異なるプロジェクトのCL計算を同時に実行できるという。

photo
「Manufacturing-Space」のサービスイメージ

製造業関連記事
 昨今、金型業界は新興国とのコスト競争が激化。付加価値の高い金型を製造することで生き残りを図ろうとしており、QCD向上の追求とBCPへの意識がさらに高まっているという。こうした時代に最適なサービスをクラウド形態で提供するという。

 本サービスは、2013年10月1日より提供する。初年度は、既存顧客のサービス利用とPDMやストレージサービスによる新たな顧客層の拡がりにより、半期で4億円の売上を見込む。

 今後、解析サービス、3Dプリンティングサービス、計測やコメント追記可能なマルチコミュニケーションサービスなど、製造業界のニーズに応えるサービスを随時追加していくことで、3年後には30億円の売上を目指すという。

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!