開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2016/11/02

バス・トラックの「自動運転化」で過労死問題は解決するか

独モーターショーで見えた可能性

厚労省の「過労死等防止対策白書」によれば、業務中の脳・心臓疾患による労災認定が最も多かったのはトラック運転手だという。物流や運輸の人手不足が深刻さを増す中、根本的な対策にはドライバーの過酷な労働環境の改善が不可欠だが、技術的な対策としてADASや自動運転、ITの活用がある。ではバスやトラックの分野でこれらの技術実装はどこまで進んでいるのか。ドイツ ハノーバーで開催された国際モーターショー(IAA:Internationale Automobil-Ausstellung)で取材してきた。

photo
ダイムラーがデモ走行を行った「自動運転バス」

バス・トラックの世界にも浸透する自動運転

関連記事
 モーターショーといえば、フランクフルト、パリ、ジュネーブ、デトロイト、東京が有名だ。コンセプトカーも、自動運転やコネクテッドカーがメインとなるなど、乗用車のモーターショーも様変わりを見せている。

 これに対してバス・トラックなど商用車のモーターショーは、ドイツで開催されるIAAが有名だ。これらのモーターショーでも、EV、自動運転、コネクテッドカーなどへ展示のトレンドがシフトしている。

 現在、ダイムラー、ボルボトラックス(乗用車のボルボカーズとは別会社)、MAN(フォルクスワーゲン(VW)傘下のトラックメーカー)、DAFトラックス、IVECO(イタリア)、スカニア(スウェーデン)など、バス・トラック市場での主要なメーカーは、なんらかの形で自動運転技術に取り組んでいる。

 この中で自社技術で先行しているのは、ダイムラーで、ボルボトラックス、MANなどが続く。今年のハノーバーモーターショーで、トラック、バスの自動運転技術で最も注目を集めていたのはダイムラーだった。

先行するダイムラーの自動運転実験

 ダイムラーは2014年にHighway Pilotとして高速道路での大型車両の自動走行実験に成功している。2016年7月にはアムステルダムにおいて空港と市内をつなぐバスの自動運転実験を成功させている。

 CityPilotと呼ばれるこの機能は、バス専用レーンでの走行が基本となるが、市街地での信号、歩行者、バス停、トンネルなどを認識する。CityPilotは、ハノーバーモーターショーでも車両展示のほか、簡単なデモ走行も披露された。

 また、Vision Vanと呼ばれる配送の自動化を目指したデリバリーバンのコンセプトも紹介された。肝心のバンこそ自動運転化されていなかったが、荷室が無人倉庫のようになっており、荷物の積み下ろしが自動化されている。そして、ルーフに2機のドローンを搭載し、配送のラストワンマイルも自動化する。ドローン以外にもクローラー型のロボットも搭載可能だ。

画像
ダイムラーのドローン(UAV)を搭載したデリバリーバン。配達先の玄関まではドローンが運ぶ
画像
荷室が自動倉庫のようになったVision Vanのコンセプトカー

 ダイムラーは乗用車部門(メルセデス・ベンツ)と同様に、自動運転技術では、他社と比較しても先行している。世界で初めて貨物を運ぶための自動車、すなわちトラックを商品化したメーカーとしての自負もあるからだ。

 ダイムラーは、現実的な市場要請から低燃費ディーゼル、ハイブリッドディーゼル、燃料電池車の製造も続けているが、EV化、自動化、コネクティビティは同社の今後の最重要戦略となっている。トラックの自動運転やEV化でも、いち早く実験を成功させ、市場投入でも世界初を目指している。

画像
ダイムラーグループの三菱ふそうもEVキャンターを発表。まずはEU市場に投入される
画像
三菱ふそうがEU圏で提供する運行管理サービスの端末画面

ADASの延長というアプローチ

 他のメーカーはどうだろうか。前述した主なトラックメーカーも自動運転技術への取り組みは行っているものの、今回のハノーバーモーターショーでそれを前面に押し出しているメーカーはあまりなかったといえる。

 しかし、彼らも自動運転バス・トラックを考えていないわけではない。ダイムラーと市場戦略や自動運転技術への考え方について、やや異なるアプローチをとっている。

 バスやトラックそのものは、運行管理のためのテレマティクスシステム、環境性能を上げるため、ドライバーの安全性向上や負荷を軽減するため、ADAS(高度運転支援システム)と呼ばれる技術の採用は進んでいる。

 EUでは、事故時の緊急通報機能やタイヤの空気圧センサーの装着が法制化されていることもあり、貨物・旅客分野でのIT化は進んでいる。

画像
IVECOのコンセプトトラック。燃料は天然ガス

 ボルボトラックスは、傘下のUDが開発したESCOT-V(コンピュータ制御トランスミッション)をベースにI-シフトを開発し、燃料消費が最適化される自動シフトチェンジを実現している。I-シフトは、坂、市街地、高速道路、山岳路など走行条件ごとに最適なアクセルコントロールとシフトポジションを自動的に選択してくれる技術だ。

画像
ボルボトラックスのI-シフト。従来のマニュアルトランスミッションに自動シフトチェンジロボットを搭載している

 ADASの延長アプローチだからといって、他のメーカーの技術が低いとか先進的ではないということにはならない。乗用車も含め、各社が2020年、2025年とマイルストーンを定めている自動運転は、いまのところベースは各種ADAS技術を組み合わせて統合制御する方向で開発が進んでいる。ダイムラーも例外ではない。

【次ページ】サプライヤーのプレゼンスが高い大型車の自動運転技術

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!