開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2012/11/07

国内最大規模の太陽光・風力発電所、愛知県田原市に建設

三井化学、三井物産、シーテック、東亞合成、東芝、東レ、三井造船

三井化学、三井物産、シーテック、東亞合成、東芝、東レおよび三井造船の7社は、愛知県田原市における国内最大規模の太陽光・風力発電所の建設を行うと発表した。

photo
設置場所
 昨年10月の基本合意に基づき事業化検討を進め、2012年9月に建設に関する正式契約を締結した。7日、建設工事に着手し、起工式を執り行った。

 事業名称は、たはらソーラー・ウインド共同事業。トランスバリュー信託に運営委託する信託事業方式として運営する。事業参加者および金銭信託比率は、三井化学35%、三井物産15%、シーテック10%、東亞合成10%、東芝10%、東レ10%、三井造船10%。

 発電能力は、太陽光が50メガワット(モジュール出力。パワーコンディショナー出力は35MW)、風力が6メガワット。年換算で、約6万7,500メガワットアワーとなる。これは、田原市総世帯の約9割に当たる約19,000世帯の使用電力量に相当するという。

 愛知県田原市緑が浜(三井化学所有地約80万平米、東京ドーム約17個分)に設置。総投資額は約180億円。2014年10月の運行開始を目指す。事業期間は、運転開始から20年間。

photo
完成イメージ

関連記事
 また、本プロジェクトは、愛知県および田原市の新エネルギー推進施策に合致しており、愛知県から「新あいち創造研究開発補助金」を、田原市から「企業立地奨励金」の補助を得るなど、県・市当局からも支援を受けた。

 また、本事業に必要な資金は、日本政策投資銀行を中心とするシンジケート・ローンによる融資を受ける予定。

新エネルギー ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!