開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/11/27

中国経済特区深センの巨大エコシステムと、DNAをハックする合成生物学の可能性

都市とライフスタイルの未来を議論する国際会議として開催されたイベント「Innovative City Forum2014」では、先端技術に関するセッションが行われた。中国深セン市で起こるオープン・ハードウェアのサプライチェーンに関わり、初版Xboxのセキュリティーの弱点を発見・公開したハッカーとして知られるアンドリュー・バニー・ファン氏、合成生物学(シンセティックバイオロジー)と呼ばれるバイオテクノロジー分野において第一線で活躍するSynbiotaのコーナー・ディッキー氏が登壇し、それぞれ自身が取り組む研究や開発をベースに、先端技術によってもたらされる創造的なパラダイムと新潮流について語った。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

自己組織のカオスから生まれた深センのエコシステム

photo
Novena 開発者
アンドリュー・バニー・ファン氏
 アンドリュー・バニー・ファン氏はオープン・ハードウェアデザインの専門家であり、Xboxのハッキングを行ったことで知られる人物だ。同氏はこれまで、スタートアップ企業向けのシリコンチップ設計や、Wi-Fi情報端末「Chumby(チャンビー)」の開発などを手掛けてきた。

 アンドリュー氏は現在、中国の経済特区である深センを中心に、まだあまり知られていない新たなハードウェア・サプライチェーンに取り組んでいる。

 深センは、1980年代には30万人ほどの小さな都市だったが、2011年に1000万人を超える大都市に成長した。フォックスコンやファーウェイなどのグローバル企業から、数千人の中堅企業、数百人規模の中小企業まで数多くの製造業が進出している。周辺には部品を供給する巨大なマーケットが発達し、非常に巨大なエコシステムが形成された。

 アンドリュー氏は「これだけ大きなエコシステムが発達すると、どんなモノでも迅速かつ柔軟に製造できるようになる」と述べ、かつての秋葉原ラジオデパートを何十倍に広げたイメージのビル内に、無数のパーツ屋や流通業者が林立する様子を紹介した。

画像
深センに立ち並ぶビル内の無数のパーツ屋や流通業者。かつての秋葉原のラジオデパートを彷彿とさせるが、それよりも何十倍も大きいという

関連記事
「そこに行けば手に入らないものは何もない。たとえば、どんなUSBケーブルでも必要な長さに裁断して、コネクタを付けてくれる。競争が激しいので、どんなカスタマイズにも応じてくれるのだ」(アンドリュー氏)

 いまや世界のエレクトロニクス市場は、製品の回転率が著しく、需要予測もかなり難しい状況であり、ゼロサムゲームの方向に向かっている。ある製品がヒットすれば、その他の製品はすぐに売れなくなってしまう。そのような中で、部品の在庫が増えれば、こうした市場ですぐに売りさばくこともできるわけだ。もちろんリスクもある。小さな店舗の中には、廃材から取り出したリサイクル部品を扱うようなグレーな部分もあるからだ。それでも、このエコシステム全体の一部として、柔軟性をもちながら機能しているようだ。

 同氏は、このエコシステムによって自らが設計・開発したラップトップPC「Novena」の事例についても紹介した。

画像
深センのエコシステムから開発・製造した安価なラップトップPC「Novena」の事例。わずか500ユニットの製造だが、深センならば迅速かつ柔軟に対応してくれる。利益は高くないが、それでもペイするそうだ

「無線とLEDライトとサウンドセンサーを内蔵した会議用バッジを開発・製造費込みで4000円以下でつくれた。またオープン・ハードウェアのラップトップPC「Novena」を500ユニットほど生産した。大企業では、この数量では対応できないが、エコシステムではハイエンドPCと同等機能をもつ製品をローコストで製造できる」(アンドリュー氏)

【次ページ】DNAをハックする「シンセティックバイオロジー」の可能性

医療IT ジャンルのトピックス

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!