開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/09/05

流通BMSのebXML MS手順対応オプションを発売、セイコーソリューションズ

セイコーソリューションズは5日、EDI構築パッケージ「ROS3(ロスキュービック)」の新オプションとして、流通BMS規格の通信手順ebXML MSに対応した「BMSConnector ebXML MS オプション」を6日より販売すると発表した。

 「ROS3」は、業種や業界を問わず約2,500本の導入実績をもつEDI構築パッケージ。用途に合わせたモジュールを組み合わせることで、複数通信手順の一元管理が行える。

 受発注システムは国内大手流通業者を主体に、レガシーEDI(公衆回線専用線+固有フォーマット)から、次世代EDI(インターネット+標準フォーマット)への移行が加速しつつある。

 次世代EDI規格の流通BMS手順には、日本独自規格であるJX手順、欧米を中心に普及するAS2手順、そして、アジア圏を中心に存在感を増すebXMLMS手順がある。

photo

 今回セイコーソリューションズが発売する「ROS3」では、全銀、JCAなどの従来手順に加え、新たに「BMSConnector ebXMLMS オプション」を提供することで、流通BMS規格の全手順に対応したことになる。

 本オプションの価格は、接続先相手数によって変わる。登録相手数1~10で50万円(税別)、501~1000の場合は300万円(同)。初年度100本の販売を見込む。

関連記事

EAI・ETL・SOA ジャンルのトピックス

EAI・ETL・SOA ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!