開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2019/06/04

「進撃のグーグル」、クラウド基盤市場でアマゾンやMSを超えるには

松岡功「ITキーワードの核心」:第16回

本連載では、ITトレンドから毎回ホットなキーワードを取り上げ、その最新動向とともに筆者なりのインサイト(洞察)や見解を述べたい。第16回に取り上げるキーワードは「クラウド基盤サービス」。第13回でその市場動向と日本のベンダーの行方について記したが、今回はこの分野をリードするグローバルベンダー3社のバトルに焦点を当てる。特にグーグルがこの勢いのまま「進撃」し、アマゾンウェブサービスやマイクロソフトのシェアを奪うか、という視点で考察したい。

ジャーナリスト 松岡 功

ジャーナリスト 松岡 功

フリージャーナリストとして「ビジネス」「マネジメント」「IT」の3分野をテーマに、複数のメディアで多様な見方を提供する記事を執筆している。電波新聞社、日刊工業新聞社などで記者およびITビジネス系月刊誌の編集長を歴任後、フリーに。危機管理コンサルティング会社が行うメディアトレーニングのアドバイザーも務める。主な著書に『サン・マイクロシステムズの戦略』(日刊工業新聞社、共著)、『新企業集団・NECグループ』(日本実業出版社)、『NTTドコモ リアルタイム・マネジメントへの挑戦』(日刊工業新聞社、共著)など。1957年8月生まれ、大阪府出身。

photo
記者会見に臨むグーグルクラウド CEOのトーマス・キュリアン氏
(写真:筆者撮影)

グーグルクラウドの新CEOが日本で初会見し新施策を発表

関連記事
 「デジタル技術があらゆる産業や企業の構造を変えつつある。それこそがデジタルトランスフォーメーション(DX)だ。グーグルクラウドはDXに取り組む産業や企業を強力に支援したい」──。

 グーグルクラウドのCEOを務めるトーマス・キュリアン氏は、グーグルジャパンが先頃開催したクラウドサービスの新施策についての記者会見でこう切り出した。

 2019年から現職に就いたキュリアン氏が来日して会見を開いたのは、これが初めてだ。

 会見で発表したのは、クラウド基盤サービス「Google Cloud Platform(GCP)」における日本のデータセンター拠点を、2016年に稼働した東京に続いて大阪にも開設したというものだ。GCPのグローバルでのデータセンター拠点は、図1に示すようにこれで20カ所目となる。

画像
図1:GCPのグローバルでのデータセンター拠点
(出典:グーグルの記者会見)

 その詳細についてはグーグルの発表ブログをご覧いただくとして、本稿ではグーグルクラウドの新しいトップが日本に初登場したこの会見を機に、グーグルがクラウド基盤サービスで先行するアマゾンウェブサービスとマイクロソフトを追撃できるか、という視点で考察したい。

アマゾンウェブサービス、マイクロソフト、グーグルによる“三つ巴”の現状

 果たして、キュリアン氏は競合2社に対してどのように戦おうとしているのか。今回の会見で同氏が語ったその戦略を紹介する前に、アマゾンウェブサービス、マイクロソフト、グーグルによる“三つ巴合戦”の状況を示した興味深い図がいくつかあるので取り上げておこう。

 まず、図2は、技術系の市場調査会社であるカナリスが先頃発表した「グローバルな有力クラウド基盤サービスベンダーの2018年 売上規模と市場シェア」を示したものである。

画像
図2:グローバルな有力クラウド基盤サービスベンダーの2018年の売上規模と市場シェア
(出典:カナリスの調査)

 グローバルでの市場シェアは、AWSが31.7%、Microsoft Azureが13.5%、Google Cloudが8.5%と、アマゾンウェブサービスの独走が続いている。ただ、2017年からの伸び率を見ると、マイクロソフトとグーグルが追い上げているのが分かる。

 また、図3は、同じくカナリスが先頃発表した「3社における2019年第1四半期(1~3月)の売上規模と前年同期比の伸び率」である。

画像
図3:3社における2019年第1四半期(1-3月)の売上規模と前年同期比の伸び率
(出典:カナリスの調査)

 伸び率ではアマゾンウェブサービスの41%に対し、マイクロソフトは75%、グーグルに至っては83%と非常に高い数値となっている。しかもこの傾向は図2の結果と併せて2018年から継続しており、この先、3社による“団子レース”になる可能性もありそうだ。

【次ページ】競合他社を追撃するグーグルの3つの戦略とは

お勧め記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!