開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2014/02/07

飲料業界世界ランキング:米ビーム買収でサントリーは何位に?キリンやアサヒは?

連載:あの業界のグローバルランキング

清涼飲料水やアルコールを扱う「Beverages(飲料)」業界。グローバル化が進む業界の1つであり、近年は日本の飲料メーカーも海外M&Aを積極的に行っている。直近では、サントリーが米ビーム社を1.8兆円という巨額で買収したことが記憶に新しい。そのサントリーをはじめ、キリンやアサヒといった日本の大手飲料メーカーは、コカ・コーラやペプシコなど強豪がひしめく世界飲料業界でどの位置にいるのだろうか。

宮島 理

宮島 理

1975年生まれ。山形出身の大阪育ち。現在は関東在住。東京理科大学理学部物理学科中退後、IT系企業設立を経て1996年、フリーライターに。著書に『あなたのスマートフォンが狙われている!』(アスキー新書)、『雇用大崩壊 サラリーマンがなくなる日』(中経出版)、『就職氷河期世代が辛酸をなめ続ける』(洋泉社)など。ホームページはhttp://miyajima.ne.jp/

photo
関連記事
 1月13日、日本のサントリーホールディングスが、米国の蒸留酒最大手であるビーム社を買収することで合意した。買収額は160億ドル(1兆6,000億円)。日本たばこ産業(JT)による英ギャラハー買収(2兆2,000億円)、ソフトバンクによる米スプリント買収(1兆8,000億円)に次ぐ大型M&Aで、6月までに買収手続きが完了する予定だ。

 海外M&Aを積極的に進めているサントリーとしては、アルコール分野でも買収しやすい蒸留酒をターゲットにしたようだ。佐治信忠社長は「ビールで世界で戦うのは厳しい。利益率が高く新規参入の少ない蒸留酒の拡大が中心になる」とコメントしている(1月14日付日経新聞より)。

 サントリーがこれまで行ってきた海外M&Aは、飲料メーカーのオランジーナ・シュウェップス(2009年、フランス)、グラクソ・スミスクラインの飲料部門(2013年、イギリス)などがある。今回のビーム社買収の効果については今後を見守っていく必要があるが、グローバル化が進む「Beverages(飲料)」業界を象徴する案件だったことは間違いない。

 このように、世界を舞台に戦う日本企業が増えてきた印象の飲料業界だが、世界企業と比較してみるとどうなのだろうか。以下が、飲料業界の世界ランキングだ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!