開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/09/10

“すき家問題”を考える 「失敗の本質」から日本社会は何を学んだのか(前編)

連載:名著×少年漫画から学ぶ組織論(14)

平成26年7月31日、「すき家」の労働環境改善に関する第三者委員会による調査報告書が発表された。その赤裸々な記述で描かれていたのは、兵站無視、精神主義といった昔ながらのキーワードで描かれる世界で、多方面からの大きな反響を呼んだ。どうして日本という国では、非合理的な組織運用が自然発生するのだろうか。この問題に対する有効な方法論はないのだろうか?

プロジェクト進行支援家 後藤洋平

プロジェクト進行支援家 後藤洋平

予定通りに進まないプロジェクトを“前に”進めるための理論「プロジェクト工学」提唱者。HRビジネス向けSaaSのカスタマーサクセスに取り組むかたわら、オピニオン発信、ワークショップ、セミナー等の活動を精力的に行っている。大小あわせて100を超えるプロジェクトの経験を踏まえつつ、設計学、軍事学、認知科学、マネジメント理論などさまざまな学問領域を参照し、研鑽を積んでいる。自らに課しているミッションは「世界で一番わかりやすくて、実際に使えるプロジェクト推進フレームワーク」を構築すること。 1982年大阪府生まれ。2006年東京大学工学部システム創成学科卒。最新著書「予定通り進まないプロジェクトの進め方(宣伝会議)」が好評発売中。 プロフィール:https://peraichi.com/landing_pages/view/yoheigoto

後編はこちら。
連載一覧

他人事とは思えない「すき家」騒動

photo
「すき家」調査報告書から読み解く非合理的な組織運用。その解決策はあるか?
 「ワンオペ」問題で世間の注目を集め、2014年2月から3月にかけては店舗が次々と閉店したとして、各メディアで大きく報道された「すき家」。

 その運営企業であるゼンショーホールディングスに対して、5カ月をかけて調査を行った第三者委員会から提出された報告書の内容が一般に公開され、話題となった。SNS上では「ブラックとは聞いていたが、まさかここまでとは」「あまりに悲惨」「こんな状況で、まともな生活なんて到底不可能」と、多くの人のコメントが寄せられた。

 例えばこの象徴的な一節を読んでみる。

すき家においては、毎年2月~3月頃に、多くの学生クルーが就職等を理由に退職する。

そのため、クルーに店舗運営を任せるすき家は、例年2月~3月頃に運営が厳しくなる。2014年も例外ではなく、さらに悪いことに、クルーの応募状況は前年比70%であった。すき家は、採用率を引き上げることにより対応していたが、それでも、特に都心を中心に人手が不足していた。
(中略)
こうした状況下であったにもかかわらず、2014年2月14日に従前の商品よりもオペレーションが複雑な牛すき鍋が新商品として投入された。牛すき鍋投入による現場への負荷を懸念する声が本部に十分伝わることなく、本部が牛すき鍋の仕込みに係る時間を甘く見積もって牛すき鍋投入を決定した結果、現場のオペレーションが十分機能せず、クルーや現場社員のサービス残業・長時間労働が増加し、現場は疲弊した。

(『「すき家」の労働環境改善に関する第三者委員会 調査報告書』より)

 「クルーや現場社員のサービス残業・長時間労働が増加し、現場は疲弊した。」という記述は、ある種の文学性すら感じるフレーズである。

 実のところ、私達が示す強い関心の根底にあるのは、「これはどうも他人事とは思えない」という感覚ではないだろうか。この報告書を読んで、「規模や業種は違うけれど、うちがやってることと、そう違わないんじゃないか」と感じる人は、かなり多いように思われる。

 一般論として、経営資源は常に充足することがないものだ。戦略とは、逆境においても、最大限の戦果を挙げるための「智恵」であるが、頭でっかちだけでは大きな事を成すことはできない。そこには「強靭な意思に裏付けられた現場の奮闘」が絶対的に必要不可欠である。

 世の中には、現場の人々の積極的意思のもとで苦労を分かち合い、困難な目標が達成されることもある。これが成功譚となると、後々まで美談して語られる。

 しかし、全てのプロジェクトが成功するわけではない。「現場の奮闘」の裏腹には、「現場の疲弊」がついてまわる。「疲弊」とは主観的なものであり、数値化しようと思ってもなかなか難しい。仕事が厳しいのか、それとも従業員が甘えているのか、常に「程度問題」という「問題棚上げワード」が横たわり、問題を見えにくくする。

 また、代替可能性という言葉も避けて考えられない。特別な才能が必要とされる仕事でない限り、「誰かが倒れてしまったら次を補充すればよい」という論理が生じてしまうのである。もちろん、経営者として、極端に非人道的な考えを持つ人が大半ではないだろうけれど、実際のところ、「一般的なレベルの人道的感覚」程度では、需給バランスに打ち克つことはできない。そのように現在の社会が構造化されているということは、現実としてある。

 私達の社会において、「現場の疲弊」が経営課題の最優先事項になることは少ない。大きな被害が発生して初めて注目される。ヒヤリ・ハットの法則のようなもので、おそらくこの社会のなかで、同種の課題を抱えている企業は相当な数にのぼる。

【次ページ】すき家の話が他人事と思えない2つの理由

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!