開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/02/13

スティーブ・ジョブズとナポレオン トップダウンのカリスマの共通点と違い(前編)

連載:名著×少年漫画から学ぶ組織論(24)

自らが興した帝国に拒絶され、追い出され、それでもなお期待を集めてカムバックする。このエピソードに対して、現代であれば誰もが思いつくビジネス界の偉人は、アップルコンピュータの創業者、スティーブ・ジョブズ氏だ。同氏は見事に会社を立て直したわけだが、その昔、ジョブズ氏と極めて似た人生を歩んだフランス皇帝、ナポレオン・ボナパルトは、戦いに敗れてとうとう失脚した。トップダウンの組織を率いた2人のカリスマには深い共通点があるが、その違いを生んだのは、一体どのような要因なのだろうか。

プロジェクト進行支援家 後藤洋平

プロジェクト進行支援家 後藤洋平

予定通りに進まないプロジェクトを“前に”進めるための理論「プロジェクト工学」提唱者。HRビジネス向けSaaSのカスタマーサクセスに取り組むかたわら、オピニオン発信、ワークショップ、セミナー等の活動を精力的に行っている。大小あわせて100を超えるプロジェクトの経験を踏まえつつ、設計学、軍事学、認知科学、マネジメント理論などさまざまな学問領域を参照し、研鑽を積んでいる。自らに課しているミッションは「世界で一番わかりやすくて、実際に使えるプロジェクト推進フレームワーク」を構築すること。 1982年大阪府生まれ。2006年東京大学工学部システム創成学科卒。最新著書「予定通り進まないプロジェクトの進め方(宣伝会議)」が好評発売中。 プロフィール:https://peraichi.com/landing_pages/view/yoheigoto

連載一覧

知っているようで意外と知らない、ナポレオンの壮絶な人生

photo
スティーブ・ジョブズと
ナポレオン・ボナパルト。
新旧トップダウンのカリスマ比較からみえた、共通点と違いとは?
 世界史における偉人のなかの偉人とは誰かと聞かれて、この人と絞り込むのは難しいことであるが、ナポレオン・ボナパルトはその有力候補のひとりである。

 歴史上の国家や人物を、なんでもかんでも現代の企業や企業経営者になぞらえて理解するという方法は、濫用するとかえって目を曇らせるものである。しかし、この人の人生を知っていけばいくほど「現代におけるカリスマ起業家」の姿を連想せずにはいられない。

 特に、その終末期の有り様を深く知ることは、現代を生きる我々にとっても大きな教訓を与えてくれるように思われる。

 ナポレオンは、コルシカ島という辺境の地の生まれでありながらも、軍事的な才能によって頭角を現した軍人である。フランス革命という大動乱期の混乱を収拾して、ナポレオン1世としてフランス第一帝政の皇帝に即位した。

 軍事独裁政権を樹立した後は、ナポレオン戦争と呼ばれる長期大戦争を戦い、その巨大な戦果によって、イギリスとオスマン帝国を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた。だが終末期においては、精彩を欠いた指揮によって続けざまに敗戦を喫してしまい、失脚し、離島に追放されてしまうのだった。

 しかしナポレオンの人生のクライマックスは、その約1年後に訪れる。自分のかわりに即位したルイ18世の統治が酷いもので、人民の評判も最悪という状況のなか、復活劇のチャンスありとみて、突如島を脱出して政権奪取の動きを開始したのだった。ナポレオン脱出のニュースはすぐにパリに伝えられ、ルイ18世は、上陸するナポレオンを逮捕するために、軍隊を南仏に派遣した。

 待ち構えている軍隊に、ナポレオンはそこでこのように言ったという。

「栄光あるフランスの兵士諸君、余は帰ってきた。ともに、フランスの栄光を取り戻そう」

 ナポレオンを捕らえるために派遣された軍隊はこれを聞いて、逮捕するどころか、次々とナポレオンの指揮下に入ってしまうのであった。

【次ページ】ジョブズ氏とナポレオンに共通する「カムバックへの期待」

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!