開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/09/20

野中郁次郎氏:持続可能なイノベーション企業のリーダーに求められる6つの能力

モノではなくコトを作れ!

世界経済が混迷する中、持続的にイノベーションを起こして事業発展を促進するには何が必要なのか。知識経営論でナレッジマネジメントを提唱した日本を代表する経営学者、野中郁次郎氏は、その答えを知るには経営や知識創造、リーダーシップのあり方など、根本から考察し直す必要があると説く。

モノではなくコトを作れ

関連記事
 イノベーションを持続的に実現するリーダーは、どのような情報を利用し、どのような行動をとることで成功を導き出したのか。「JUASスクエア2012」の基調講演「持続可能なイノベーション企業のリーダーシップ」で、一橋大学名誉教授、富士通総研経済研究所の理事長を務める野中郁次郎氏は、イノベーションやリーダーシップの本質を解説し、ブレイクスルーのためのヒントを紹介した。

 野中氏は冒頭で、「21世紀は知識社会である」というピーター・ドラッカーの提言を紹介した。ドラッカーは「ポスト資本主義社会」の中で、知識は有用な経済資源であり、知識を富の創造過程の中心に据えた経済理論のみがイノベーションや経済成長を説明すると定義した。

 知識は、人によって作り出される。市場はこうした知識の集合体だ。経済学者マイケル・ポーターは、企業や消費者は誰もが「完全情報」を持っていて、自己利益を追求するために合理的な行動をとれば、市場の需要と供給の均衡は保たれるとした。これに対して、フリードリヒ・ハイエクはむしろ市場には多くの「暗黙知」が埋め込まれており、完全情報だけで均衡は保たれないとした。

 暗黙知とは、個人が経験を通じて芽生える、言葉にならない知識のことだ。企業はこの暗黙知をいかに言語化、理論化して実現するか、その理論を戦略の基本に据え、イノベーションを創造しなければならない。

 ここで野中氏はiPodを例に挙げた。「iPodは、それ自体が優れているのではない。自己編集できる感動経験を、モノを媒体に作りだし、顧客との絶えざる相互作用を起こすApple Storeという仕組みで大きな利益へ昇華させた」。つまり、モノありきではなく、コト(プロセス)ありきの発想が成功につながったということだ。「モノの機能的価値は定量化できるので、ついそちらにばかり目がいってしまうが、実際はコトの方が重要だ」(野中氏)。

【次ページ】リーダーに求められる6つの能力

リーダーシップ ジャンルのセミナー

リーダーシップ ジャンルのトピックス

リーダーシップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!