開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2013/12/06

化学業界の世界ランキング:ダントツの独BASF、三菱ケミカルや東レはどう立ち向かう?

連載:あの業界のグローバルランキング

本連載では、さまざまな業界を俯瞰すべく、世界のトップ企業をランキング形式で紹介する。第2回は「化学業界」。一般にはなじみが薄いかもしれないが、取り扱うものは洋服の原材料や自動車・電気機器の部品材料まで非常に幅広い。日本の化学企業は、三菱ケミカルホールディングスや住友化学、東レ、旭化成などが挙げられる。これら日本勢は世界で見るとどのくらいの位置にいるのだろうか。

宮島 理

宮島 理

1975年生まれ。山形出身の大阪育ち。現在は関東在住。東京理科大学理学部物理学科中退後、IT系企業設立を経て1996年、フリーライターに。著書に『あなたのスマートフォンが狙われている!』(アスキー新書)、『雇用大崩壊 サラリーマンがなくなる日』(中経出版)、『就職氷河期世代が辛酸をなめ続ける』(洋泉社)など。ホームページはhttp://miyajima.ne.jp/

photo
連載一覧
 日本企業の2013年度の中間決算が軒並み好調だ。円安やアベノミクスの好影響が、企業収益にも及んでいると言える。「Chemicals(化学)」業界も円安の恩恵などから、各社の業績改善が目立っている。

 日本で最大手の三菱ケミカルホールディングスの2013年4~9月期連結決算では、営業利益が513億円(対前年同期比25%増)となった。

 スマホ・タブレットや自動車、住宅関連の需要増などを受けて、化学大手は2013年4~6月期連結決算で軒並み黒字転換を達成し、その後も業績を改善させてきた。一部で予想を下方修正する動きが出ているものの、2014年3月期連結決算でも増益の流れは維持される見通しだ。

 こうした巻き返しを図る日本の化学業界だが、世界の中でどのようなポジションにいるのか。以下が世界の化学業界ランキングだ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

グローバル化 ジャンルのトピックス

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!