開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/08/09

CA Technologies、クラウドでの災害対策機能を強化 レプリケーションソフト「CA ARCserve Replication r16 SP2」を発表

CA Technologiesは9日、レプリケーション・ソリューションの最新版「CA ARCserve Replication r16 SP2」と「CA ARCserve High Availability r16 SP2」を提供すると発表した。新たにネットワーク・アドレス変換(NAT)対応機能やワークグループのアクセス権(ACL)の複製機能などが加わり、クラウド対応が強化された。

photo
ネットワーク・アドレス変換(NAT)対応機能
 CA ARCserve Replication/High Availabilityは、本番サーバと同じ、複製サーバを用意することで、データやアプリケーションの「保護」「復旧」「可用性」を実現する製品。

 CA ARCserve Replication/High Availability r16 SP2では、ネットワーク・アドレス変換(NAT)への対応やワークグループのアクセス権(ALC)の複製といった新機能が追加され、クラウド環境での災害対策機能を強化した。

 ネットワーク・アドレス変換(NAT) 対応機能は、NAT環境下にあるサーバとインターネット上にあるサーバ間で相互にレプリケーション/リストアができるようになる機能のこと。これまで個々にネットワークの設定が必要だったが、本機能により、災害対策におけるデータの複製先としてクラウド仮想マシンを活用しやすくなる。

 ワークグループのアクセス権(ACL)の複製は、Active Directoryドメインに参加していないワークグループのサーバ間でもファイル/フォルダのNTFSアクセス権(ACL)を複製することができるようになるというもの。この機能により、複製先でアクセス権を設定する必要がなくなるため、特にファイルサーバの災害対策・冗長化が簡素化される。

 また、帯域制御機能の曜日指定が可能になった。従来のように時間帯を指定するだけでなく、たとえば「ユーザーの回線使用量が多い平日の日中は帯域制御を行ってレプリケーションによる転送量を抑え、週末は帯域制御を行わない」といった設定が可能になる。

画像
帯域幅スケジューラの画面

 従来のバージョンではブロックレベル同期を実行する際に、マスタ(複製元)サーバのディレクトリ情報を取得するため、マスタサーバ上でのデータの更新を一時的にフリーズさせていた。SP2のブロックレベル同期では、ファイルレベル同期と同様VSSスナップショットを使いディレクトリ情報を取得するよう仕様が変更された。これにより、データベースと細かいファイルが混在する環境でブロックレベル同期を行っても、マスタサーバへのアクセス停止を気にする必要がなくなる。

 そのほか、Microsoft SQL Server 2012のレプリケーションに対応したほか、SQL Serverでのリワインド機能が強化された。

 価格は、CA ARCserve Replicationが9万8,000円から。スイッチオーバー機能が加わっているCA ARCserve High Availabilityが22万8,000円(年間メンテナンス込)から。8月22日より出荷を開始する。

BCP・災害復旧関連記事

バックアップ・レプリケーション ジャンルのセミナー

バックアップ・レプリケーション ジャンルのトピックス

バックアップ・レプリケーション ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!