• 会員限定
  • 2015/03/09 掲載

「4人に1人が誤送信経験あり」 MOTEXが発表、業務メールのエラーは減らせるか?

Webメールサービス 利用実態調査

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ソフトウェア開発会社であるエムオーテックス(以下、MOTEX)は、「Webメールサービスの利用実態」の調査は、20代から60代の男女を対象としてWebメールサービスの利用状況、メール誤送信の経験についてアンケートを行った。メール誤送信は企業の信頼に重大な影響を及ぼすにもかかわらず、調査ではメール誤送信に対するリスク管理の甘さが露呈することになった。悪質メールやフィッシングメールなどの被害実態をふまえて、どのようなWebメールサービスのリスク管理を講じるべきか。これらの対策について、MOTEX技術顧問でもあるHASHコンサルティング 代表 徳丸 浩氏がコメントした。

MOTEXがメール誤送信に関するアンケート調査を実施

photo
「NO MORE情報漏えいプロジェクト特設サイト」のサイト画像
 2014年に発足された「NO MORE情報漏えいプロジェクト」の一環として、MOTEXは、「Webメールサービスの利用実態」を20代から60代の男女を対象としてアンケート調査を行った。

 ネットワークセキュリティやIT資産管理を専門に扱う同社では、情報漏えいなどの社会的問題に対して、積極的に調査を続けている。調査方法はインターネット調査で行い、期間は2014年の12月24日から2015年の2月5日まで。全国の20代から60代の男女合計140人に実施した。

 アンケート概要は、「Webメールサービスの利用状況について」と「メール誤送信について」など。またメールの誤送信に対しての対応策の実施の有無、また迷惑メールや悪質メール、フィッシングメールなどの被害状況なども調査概要に含まれる。

Webメールサービスの利用状況の概要

関連記事
 まず業務・私用時に利用しているWebメールサービスの概要についてだ。

 アンケート項目は、業務用で利用しているサービスの回答項目は、Google Apps/Gmail(会社独自ドメインを使用)、Outlook.com(hot mail)、Google Apps/Gmail(gmail.comを使用)、Yahoo!メールの計4項目。私用で利用しているサービスの回答項目は、Gmail、docomoなど携帯電話キャリア提供のメールサービス、Yahoo!メール、BIGLOBEなどプロバイダ提供のメールサービス、Outlook.com(hotmail)の5項目が列挙される。

 ここで明らかになったのは、業務・私用時どちらもGoogleのGmailがトップシェアを占めている。業務用メールの利用シェアを見るとGoogle Apps/Gmail(会社独自ドメインを使用)とGoogle Apps/Gmail(gmail.comを使用)を合せると全体の65%を超える結果となった。私用時に関しても、全体の28.9%を占めている。

画像
業務・私用ともにGmailが支持を集め、Webメールサービス利用率1位に。
(出典:MOTEX調べ)


メール誤送信経験はある?その後の対策・対応は?

 メールの誤送信に関する調査では「メール誤送信の経験がありますか?」という問いに対して、全体の半数近くの45.7%があると答え、「業務メールで誤送信をしたことがある」と答えた人は全体の25%と、4人に1人が誤送信の経験あり、という結果になった。「私用メールで誤送信をしたことがある」と答えた人は全体の9.3%、「業務メールと私用メール、両方で誤送信をしたことがある」と答えた人は11.4%になった。そしてメール誤送信を経験した約72.3%の人が2回から4回の頻度で誤送信をしていると回答した。

画像
メール誤送信経験者の7割以上が、複数回誤ったメールを送信していることが明らかになった
(出典:MOTEX調べ)


 メール誤送信対策を有無ついても調査された。「業務メールの誤送信の対策はしていますか?」の問いにもっとも回答率が高かったのは、「送信前の目視確認・指さし確認」の57.1%である。また、12.9%の人が「誤送信防止ツールを使用している」と回答した層も一定数存在している。

 一方で、27.1%の人が「特にしていない」と回答してメール誤送信に対するリスク管理の低さが見られた。

 そして「業務メールの誤送信後の対処はしていますか?」という問いに対しては、「送信先にメールの削除を依頼」が45.7%で1位で、つづいて「上司に報告」と答えたのが28.2%だ。「被害を与えた企業に報告・謝罪」は全体の7.5%という結果になった。

画像
業務メールの誤送信対策を講じていない人が約3割に
(出典:MOTEX調べ)


この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます